人の心に灯をともす 3733 与える喜び、分け合う喜び、やり遂げる喜び

【与える喜び、分け合う喜び、やり遂げる喜び】



渡辺和子氏の心に響く言葉より…



近頃、もらう喜びは知っていても、その他の喜びをあまり味わっていない子どもが、ふえているように思えてなりません。

その他の喜びとは、与える喜び、分け合う喜び、そして自分で物事をやり遂げる喜びです。


マザー・テレサがこんな話をなさいました。

カルカッタの街に、八人の子を抱えてお腹を空かしている家族がいたので、お弁当を作ってもって行ったところ、その母親は押し戴いて喜んだ後、すぐどこかへ出て行きました。

やがて戻ってきた母親は、「実は隣の家族も、このところ食うや食わずの毎日だったので、半分あげてきました」と言ったそうです。


マザーは、この話をしてから、「貧しい人は偉大です。飢えを経験した人には、他人の苦しみもわかるのです」と言われました。

本当の豊かさとは、このように、他人に与えるものをもっている心を指すのですね。


最近、自分でやり遂げる喜びを、子どもから奪っている過保護の親もふえているようです。

それは、子どもたちを愛しているように見えて、実は彼らから、その成長に必要な自信と、自立の喜びを奪っているのです。


もらう喜びしか知らない子どもは、自分中心の世界で生きています。

どれほど多くのものをもっていても、その子の心は貧しいのです。

与える喜び、分ちあう喜び、自分で何かをやり遂げた時の喜びをも味わわせることによって、子どもの生活を本当に豊かなものにしてやりましょう。


『忘れかけていた大切なこと』PHP文庫





この「喜び」の話は、子どもだけのことではない。

「やり遂げる喜び」を知らない人(大人も)は、「与える喜び」や「分け合う喜び」も分からない。

自信とは、何かをやり遂げることによって生まれるものだからだ。

やり遂げることによって、自己充足感や、自己重要感が増し、自立心がめばえる。


「やり遂げる喜び」は、リーダーや親が手助けをせず、グッと我慢をして見守ることによって生まれる。

「与える喜び、分け合う喜び、やり遂げる喜び」が分かる人でありたい。





■メルマガの登録と解除はこちらから
http://hitonokokoro.com/

■「人の心に灯をともす」のfacebookページです♪
http://www.facebook.com/hitonokokoro

■【人の心に灯をともす】のブログはこちら
http://ameblo.jp/hiroo117/

■Twitterはこちらから
https://twitter.com/hiroo117