人の心に灯をともす 4581 転職2.0

【転職2.0】4581



リンクトイン日本代表、村上臣(しん)氏の心に響く言葉より…


私がヤフーで働いていた時代に、当時の上司であり代表取締役社長だった宮坂学(現東京都副知事)さんは、社員に対して「株式会社俺」の意識を持つことの大切さを頻繁に語っていました。

「株式会社俺」とは、自分にとっての幸せが最大限になるように、自分自身の経営者になるということ。

宮坂さんは自分という会社に「会社事業部」「家族事業部」「アウトドア事業部」といった事業の柱を持っていて、「株式会社俺」の時価総額は幸せの総量で表されると語っていました。


仕事は大事だけど、それだけで幸せになることはできない。

家族や友人などのステークホルダー(利害関係者)が存在する中で、バランスを取りながらトータルとして幸せになることが大切だというわけです。

今、時を経て、この「株式会社俺」の視点で働くという発想が当たり前になってきたと思います。


個人の働き方は自分主体へと徐々に変わりつつあります。

会社の言う通りに従う受け身の働き方から、「自分がどうすれば幸せになれるか」を能動的に考える働き方へと移行しています。

個人は、自分の市場価値を高めることに注力し、市場価値を高める手段として「転職」を積極的に活用するという発想が求められるようになります。

転職は「ゴール」ではなく、あくまで手段ということです。

「会社あっての個人」という価値観から抜け出し、会社と個人のためになるような転職へとアップデートする。

そうすれば、圧倒的に仕事をするのが楽しく、幸福感を実感できるようになります。


『日本のキャリアの新・ルール 転職2.0』SB Creative
https://amzn.to/3s1QNZ9





本書の中の重要なポイントを列記してみる。


●個人の市場価値を高めるとは、「タグ付け」をすること。自分のタグを明確にし、次に掛け合わせるタグを軸に次の仕事を考えることがさらなる市場価値向上につながる。

●終身雇用が崩壊した今、スキル思考ではキャリアアップはできない。ポジション思考は、ジョブ型雇用が中心となるポスト終身雇用時代に必須の考え方である。

●会社(知名度など)で仕事を選ぶことは、他人軸でキャリアを選んでいることになり、外部環境の変化に対応しづらい。個人と会社とが相乗効果で成果を出す=シナジーが得られるかを基準に仕事を選ぶことが重要。

●個人がキャリアで成功するにあたって、キーパーソンとつながることができるかどうかは重要。そのために広くゆるくネットワークをつくる。

●強みや実績はないのではなく、明確化する方法を知らないだけ。日本では明確にしている人が少ないので、明確にするだけでも周りに大きく差をつけることができる。

●「〇〇一筋20年」という一つのタグの積み重ねは、そのタグに賞味期限が来てしまったときに対応できないリスクがある。そのため、複数のタグをかけ算するという発想が重要になる。

●タグを掛け合わせる際は、タグ分類表の「ポジション」「スキル」「業種」「経験」「コンピテンシー」で挙げた各タグをタテに掛け合わせる。

●自分のタグにどんなタグを掛け合わせたらいいかを考えるときは、「すでに持っているタグと離れたタグ」「新しい職種に付随するタグ」「ホットなタグ」の3つから考える。

●タグを実際に入手する方法としては主に2つ。「現業でタグが手に入る仕事を得る」が「そのタグが手に入る仕事に転職する」。


転職2.0の時代は、「スキル思考」ではなく、「ポジション思考」になるという。


スキル思考とは、やみくもに資格をとったり、スキルを身に着けること。

終身雇用時代は、会社内の配転により、どこに配属になるかわからないので、とりあえず何かのスキルを身につけ、どんな仕事もこなせる総合職を目指すということ。

メンバーシップ型雇用とも言われ、ゼネラリスト型ともいう。


ポジション思考とは、ポジション=役職ではない。ジョブ型雇用ともいい、どんな仕事をするかが明確に定められている。

スペシャリスト型とも言う。

ポジションには、プロジェクトマネジメント、商品開発、新規事業開発、法人営業、カスタマーサクセス、生産管理、エンジニア、ITコンサルタント、ビジネスアナリスト、システムアナリスト、ソフトウェア開発者、プログラマー、マーケットリサーチャー、ブランドマネージャー、広報担当、販売員、営業事務、経理担当、人事担当等々がある。


この「転職2.0」は、結局は個人の価値をどれだけ高めることができるか、ということがポイントとなる。

終身雇用時代のように、何事もそつなくこなしていれば、定年まで無事に勤めることができたという「ぬるい時代」は終わった。

自分のブランド価値をどれだけ高めることができるのか。

どれだけ、自分のタグを増やすことができるのか。


転職するしないに関わらず…

誰もが、「株式会社俺」という意識を持つ必要がある時代が到来した。





■メルマガの登録と解除はこちらから http://hitonokokoro.com/

■「人の心に灯をともす」のfacebookページです♪http://www.facebook.com/hitonokokoro

■【人の心に灯をともす】のブログはこちらhttp://ameblo.jp/hiroo117/

■Twitterはこちらからhttps://twitter.com/hiroo117