人の心に灯をともす 3024 「いいね」と「すごい」はパワーワード

【「いいね」と「すごい」はパワーワード】3024


小宮一慶氏の心に響く言葉より…


《上がりっ放しもなければ、下がり放しもない。上がり下がりのくりかえしのうちに、人は洗われみがかれてゆくのである》(松下幸之助)


人生は、上がったり下がったりするものです。

同じ状態で、ずっと平穏なまま、ということはありえません。

いいときも悪いときもあるのが、普通です。


しかし、考え方を正しくしていると、思ったより長いこと、上がっている状態をキープできるということは、あります。

前向きに生きて、あらゆることを受け入れ、喜びと感謝の気持ちを持つ。

そうして生きていると、成功体質へと変わっていきます。


ここで「前向き」を実践するコツを一つご紹介しましょう。

私は長年、経営コンサルタントの仕事をしている中で、成功する人の口癖を発見しました。

それは「いいね」と「すごい」です。


成功者は、人のいいところを見る才能があります。

そして自分より優れている点を、素直に讃え、それをうまく使うのです。

成功している人ほど、「いいね」と「すごい」を周囲に連発しています。



「いいね」と「すごい」を口癖にしていると、周りの環境がそういうふうに見えてくるということもあります。

肯定することによって、言われた人のモチベーションが上がるのはもちろん、口にした人自身も前向きになれます。

半信半疑の人もいると思いますが、そういう人にこそ、何も考えずにまずは実践してほしいのです。


何事も否定から入る人と肯定から入る人とでは、まったく生き方が違ってきますよね。

同じものを見ても「よくない」「すごくない」と否定していると、そのように見えてしまう上に、周りからも好かれるはずがありません。

どんなことにも感動して、褒めることのできる人が、成功を引き寄せるのです。

「いいね」と「すごい」を、積極的に口癖にしていくと、きっといいことがありますよ。


『パワーワード』主婦の友社




《楽観よし悲観よし。悲観の中にも道があり、楽観の中にも道がある》

松下幸之助氏の言葉だ。


「いいね」と「すごい」を連発できる人は、楽観の中にも「いいね」と「すごい」を見つけ、悲観の中にも「いいね」と「すごい」を見つけることができる。

つまり、楽観はもちろんだが、悲観という、うまく行っていないときでも、その中に生き筋や光明を見つけることができる。


他人を心から応援できる人は、「すごいなぁ」と感動して言うことができる。

反対に他人を応援しない人は、「ダメだなぁ」「ひどいなぁ」と他人を否定し、けなす。

感動や共感は肯定だが、非難や文句は否定。


「いいね」と「すごい」を口癖にしたい。






■新メルマガの登録と解除はこちらから
http://hitonokokoro.com/

■「人の心に灯をともす」のfacebookページです♪
http://www.facebook.com/hitonokokoro

■【人の心に灯をともす】のブログはこちら
http://ameblo.jp/hiroo117/

★Google+始めました!
https://plus.google.com/b/115426645501816794861/