人の心に灯をともす 3054 自分の身に起こるあらゆる出来事の意味

【自分の身に起こるあらゆる出来事の意味】3054


本田健氏の心に響く言葉より…


これまでの人生をふりかえって、すべての出来事に納得している人はごく少数です。

どちらかというと、「??」という感じで過去を振り返ることのほうが多いかもしれません。

それは、ポジティブな意味でもネガティブな意味でも同じです。


「なぜ、うまくいかなかったのか?」

「どうしてあのタイミングで、助けてもらったのだろう?」

「何も努力していないのに、うまくいったのはどうして?」


そういった、疑問がいっぱい出てくるものです。

けれども、そのほとんどの答えは、見つからないことが多いのです。

どちらかというと、意味がわかる、納得できることよりも、「なぜかよくわからない」ことのほうが多いものです。

プラスのことも、マイナスのことも、数ヵ月、1年、場合によっては、2、3年、あるいは10年以上経って、ハッと理解できることがあります。


知り合いで、父親が事業に失敗して、3億円の借金を引き継いだ人がいました。

彼は、相続を放棄することもできましたが、父親が作った借金だからといって、自分が一生かけて払うと決めました。

その後、勤めていた会社を辞めて、父親の会社を経営することになりましたが、まったくの素人からはじめたので相当苦労したようです。

でも、命がけでやったので、その借金をなんとか10年で完済することができました。


その後、同じ勢いで会社経営を続けたので、返した借金のぶんが今度はそのまま貯まっていき、たった数年で資産家になりました。

一時は、借金を残した父を恨んだこともありましたが、10数年後、資産家になったことを考えると、今は感謝しかないと言います。

「父は借金を残したのではありません。情熱と本気と稼ぐ力を残してくれたんです」

とさわやかに語る彼の顔は輝いていました。


私たちは、次が見えないとき、「これって、意味があるんだろうか?」と考えがちです。

そのときはわからないこともたくさんありますが、時が来れば、自ずとその意味がはっきりすることはけっこうあります。


人生をもっと信頼することができれば、細かなことで悩む機会は減ります。

今の自分にはわからないけど、「今はこれがベストなんだ」とさえわかっていればいいのです。


あなたも、「これって、どういう意味があるんだろう?」と考えはじめたときは、よくわからないけど、「そのうちわかる」と気軽にとらえ直しましょう。

そうすれば、それが感謝とともにわかるときが、やってきます。


《すべてをいますぐに知ろうとは無理なこと。雪が解けてくれば見えてくる》(ゲーテ)


『落ち込んだときに勇気がでる49の言葉』PHP文庫




生まれ変わりの理論に、「自分の人生の脚本は、生まれる前にすべて自分が書いた」というものがあります。

どんな両親のもとに生まれるか、どんな国や地方、家庭環境に生まれるかという、生まれる時の脚本。

どんな学校に入り、どういうところに就職するとか、転職するとかいう、学校や仕事の脚本。

誰と結婚してどんな子供や家族を持つか、あるいは結婚しないという、結婚や家族の脚本。

どんな病気をするか、どんなトラブルに出会うか、困難に出会うかという、人生の脚本。


それらの脚本はすべて、自分の魂を磨くため、人格を向上させるために自らが設定したハードル。

学びのための砥石(といし)と言ってもいい。


自分の身に起こるあらゆる出来事の意味…。

いつか必ず、その意味がわかるときがくる。








■新メルマガの登録と解除はこちらから
http://hitonokokoro.com/

■「人の心に灯をともす」のfacebookページです♪
http://www.facebook.com/hitonokokoro

■【人の心に灯をともす】のブログはこちら
http://ameblo.jp/hiroo117/

★Google+始めました!
https://plus.google.com/b/115426645501816794861/