人の心に灯をともす 3061 どんなときでも、何かポジティブなことを言う

【どんなときでも、何かポジティブなことを言う】3061


チャーリー・ジョーンズ氏の心に響く言葉より…


生きることを学ぶには、ポジティブな姿勢と心の眼、このふたつを育てることから始めよう。


《第一に、誰に対しても、どんなときでも、何かポジティブなことを言う》


そんなことは不可能だって?

わたしは、そうしなければならないと言っているのではなく、そう努めるようにと言っているのだ。

達成はできないにしても、常に「成長の途上にある」ことはできるのだから。


へたをすると、わたしたちの会話の99パーセント近くがネガティブなものになる。

誰かをほめるのではなく、ネガティブなことことを口から出したくて、うずうずしている人もいる。

わたしが言っているのは、皮肉交じりのお世辞とか余計なひとこととかではなく、正真正銘の厭世主義(ペシミズム)のことだ。


仕事の場でも、教会や家庭でも、他人に何かポジティブな言葉をかけようとする人こそ、その場の雰囲気をいちばん明るくする。

何についても、誰に対しても、いつも何かポジティブなことを口にするというのは、そう望めばできることだ。

わたしはそう信じている。


次のふたつのせりふが、どんな差をもたらすか、考えてみよう。

「この雨で何もかも台なしだ!」

「あのきれいな虹を見てごらんよ!」


誰に対しても、何かポジティブなことを言う習慣を身につければ、全員に話しかけなくてもすむようになる。

どこに行っても、あなたのイメージが、その場の雰囲気をポジティブにするからだ。


『「成功おじさん」の最優先ルール』PHP研究所




たった一言で、相手の気持ちを冷やしてしまったり、シュンとさせてしまう名人がいる。

悪口、非難、不平不満、グチ・泣きごと、文句などのような、ネガティブなことを言ったり、相手を否定したり、ゆるさなかったりする人だ。


反対に、たった一言で、相手の気持ちをあたたかくしたり、明るく元気にさせてしまう達人もいる。

ありがとう、感謝します、ツイてる、うれしい、たのしい、しあわせ、というようなポジティブなことを言ったり、心から相手をほめたり、認めたりする人だ。


自分の口から出た言葉が、相手を明るくするのか、暗くするのか。

毎日毎日の、ポジティブな言葉の積み重ねが自分の人生を形づくる。

仕事や家庭で実践するのはもちろんだが、コンビニや、レストランといった自分がお金を払ってお客になるところでも、相手を喜ばせる言葉は必要だ。


ポジティブなことを言う習慣が身につけば、ポジティブなイメージが定着し、その人が入ってきただけで、話をしなくても、その場は明るくなる。

誰に対しても、どんなときでも、何かポジティブなことを言う習慣を身につけたい。







■新メルマガの登録と解除はこちらから
http://hitonokokoro.com/

■「人の心に灯をともす」のfacebookページです♪
http://www.facebook.com/hitonokokoro

■【人の心に灯をともす】のブログはこちら
http://ameblo.jp/hiroo117/

★Google+始めました!
https://plus.google.com/b/115426645501816794861/