人の心に灯をともす 3203 相手に花を持たせる人

【相手に花を持たせる人】3203


櫻井秀勳氏の心に響く言葉より…


現在、多くの出版社から「引き寄せの法則」式の本が出ています。

幸せを引き寄せる方法を分析した、スピリチュアル的な考え方のものが多いようです。

スピリチュアルがいいかどうかは別として、幸せを引き寄せるには、自分だけでなく周りの人たちも同時に、幸せな気分にしていかないといけません。

自分だけ幸せを引き寄せようとしていたのでは、結局、自分も幸せになれないのです。


この引き寄せの法則は、いわば「相手に花を持たせる」という考え方と、不思議なくらい一致しています。

「相手に花を持たせる」とは、その人を立てて功を譲(ゆず)ることです。

こうすることにより、相手をよろこばせ、感謝されるのですが、そのことによって、相手も自分自身も、幸せを引き寄せることができるのです。


反対に、「俺が、俺が」と出しゃばったら、相手は怒ってしまうし、周囲もそんなあなたに冷たい視線を向けるでしょう。

しかし、手柄を相手に譲ることは、そう簡単ではありません。

戦国時代には、敵の武将に最初の一太刀(ひとたち)を浴びせた男と、その敵を最後に仕留めた男が、互いに手柄を譲らず、決闘になって、殺し合うのがふつうでした。

現在でも、出世がからむ場合など、容易に勝ちを譲ろうとはしないでしょう。

だからこそ、相手に花を持たせる度量の持ち主が、上の人から注目される存在になっていくのです。


とはいえ、相手に花を持たせたことを、上の人がしっかり気がつき、認めてくれるかという不安があるのも事実です。

長い目で見ようとせず、毎月の売上だけで社員を判断するような会社に入ったら、それこそ悲劇です。

だからこそ、目先の利だけに走った就職活動は、ときに大きなソンを生むこともあるのです。

そうなったら即、辞めないと、ズルズルと不幸の淵にはまってしまうでしょう。


しかしふつうは、どんな会社にも信頼できる人の一人や二人は、必ずいるものです。

また、誰も見ていなくても、相手に花を持たせればいいではありませんか。

あなたの人間形成上、決して悪いことではありません。


『 人を味方につける男、敵にする男 』知的生きかた文庫




相手に花を持たせるとは、その人を立てて功を譲ったり、 人に名誉や手柄を譲ったり、相手に恥をかかせなかったりすることだ。

何か議論になってしまったようなとき、あえて反論せず、「そうですね」と言って引き下がるようなこと。

ムキになってやり合えば、ケンカになってしまい、関係も悪くなる。

正しさを競って、相手をやり込めることができたとしても、何の得もない。

サッとよけることだ。


「自分の方がすごいんだ」とか「私のがもっと知っている」と競うのは、傍(はた)から見ていて見苦しい。

人間が「小さい」とみられてしまう。

そして、人としての器の大きさが問われる。


人と話をしていて、自分の方が多くしゃべってしまう、というのも同じ。

人の話をじっと黙って聞いている、出しゃばらないし、静かに控えている、ということは人間関係にとって、時に、とても大事なこと。


相手に花を持たせる人でありたい。








■新メルマガの登録と解除はこちらから
http://hitonokokoro.com/

■「人の心に灯をともす」のfacebookページです♪
http://www.facebook.com/hitonokokoro

■【人の心に灯をともす】のブログはこちら
http://ameblo.jp/hiroo117/

★Google+始めました!
https://plus.google.com/b/115426645501816794861/