人の心に灯をともす 3231 忙しいときに、愚痴や泣き言をさんざん言う人

【忙しいときに、愚痴や泣き言をさんざん言う人】3231


小林正観さんの心に響く言葉より…


「8月のお盆がくるのが嫌だ」という話をされた方がいました。

「8月は、めちゃくちゃ忙しくて寝る暇もない。でも、1年分の稼ぎがそこに集中する」そうです。

私は、その人にこう尋ねました。


「では、あなたは、8月のお盆になっても仕事がこないこと、仕事が殺到しないことを望んでいるのですね」

その方は、しばらく考えてからこう答えました。

「いいえ、8月の仕事がこなくなると困ります」

1年分の稼ぎがそこで上がってくるのですから、8月に仕事が殺到しないと困るのは当然なはずです。


「忙しくて嫌になってしまいます」という言葉を、宇宙に向かって言っていると、神様はそれを聞いて、

「忙しくないのが好きなのだったら、忙しくないようにしてあげます」

と考え、その通りにしてくださるようです。


ある時期にたくさんの仕事があって楽しくやっていたのに、いつの間にか仕事がなくなって売上が上がらなくなった、という人には「ある共通項」があります。

それは、「忙しいときに、愚痴や泣き言をさんざん言っていた」ということです。

神様は愚痴や泣き言をすべて聞いていて、

「あなたは、忙しくないことを望んでいるのですね。そうですか、わかりました」

と言って、仕事も売上も取り上げてしまうようです。

だから、「忙しいことが、どれほど嬉しくて楽しいことか」といことをきちんと理解したうえで、誠実に仕事をしたほうがよさそうです。


『ありがとうの奇跡』ダイヤモンド社








今ある幸せに慣(な)れてしまって、それを当然だとか、当たり前だとか思ってしまうことは多い。

「ありがとう(有り難う)」の反対は、「当たり前」だと言われる。

「ありがとう」とは、有ることが難(かた)い、すなわち、この世に存在することがまれであるということ。


「忙しい」ことは、ヒマで仕方がない、仕事がまったくない人から比べたら、天国ようようなこと。

その忙しい状態に慣れてしまうと、つい文句が出てくる。

起業した会社の10年後の生存率は10%を切っていると言われる中、本当は、「忙しい」ことは、稀(まれ)なこと、奇跡のようなことなのだ。

つまり、感謝こそすれ、文句をいうなどはとんでもないということ。


カガミの法則のように、文句を言えば、文句を言ったことが、そっくりそのまま返ってくる。

「忙しくて、やってられないよ」と言えば「やってられない」状況がそのうちやってくる。


多くの人は、今ある幸せに感謝することを忘れている。

病気になったり、ケガをして動けなくなったり、会社の業績が悪くなったりしたときに、はじめて、今ある健康や、仕事があること、家族の助けなどの「有り難さ」に気づく。


どんなときも、愚痴や泣き言をいわない人でありたい。







■新メルマガの登録と解除はこちらから
http://hitonokokoro.com/

■「人の心に灯をともす」のfacebookページです♪
http://www.facebook.com/hitonokokoro

■【人の心に灯をともす】のブログはこちら
http://ameblo.jp/hiroo117/

★Google+始めました!
https://plus.google.com/b/115426645501816794861/