人の心に灯をともす 3637 損して得をとる

【損して得をとる】3637



斎藤一人さんの心に響く言葉より…


商人には「損して得をとる」というものがあります。

でも、これは商人の専売特許ではありません。

サラリーマンの方にも「損して得をとる」という言葉が当てはまります。


たとえば、働き者がいるとします。

人の倍は働くタイプの人です。

そういう営業マンは、「歩合制の営業をすれば得をする」とか思うんです。

働けば働くほど、自分のところに入ってくるお金が多くなりますから。


ところが、です。

そういうことをしていて、ひと財産を残したとか、ビルを建てたという話を、私は、いまだかつて聞いたことがありません。

それはどうしてなのかというと、「損して得をとる」ということをしていないからです。

だから、「損して得をとる」をすればいいんです。


どういう意味かというと、人と同じ給料でバリバリ働くのです。

給料を倍くれるところに、「私は倍働きます」という人は、いくらでもいます。

でも、そういう職場でいくら人の倍働いても、あなたの存在は光りません。

だから、人と同じ給料で、人の倍働くんです。


そういう人は、経営者の目には光り輝いて映ります。

そして、経営者にとって有り難い人です。

かわいがってあげたい。

出世させてあげたいんです。


出世したら、どうなるか。

おわかりですね。

課長になり、部長になる。

当然、給料があがります。

それが、やがて社長になる。

そうなったとき、とんでもない額のお金を手にすることになるんです。


だから、目先の欲にとらわれていないで、お金、お金といっていないで、一生懸命働けばいいのです。

運勢をよくすればいい。

そうすれば、周囲の人から、「この人は損得抜きで一生懸命やる人だ」と思われます。

そう思われると、頼まれごとが増えてきます。

職場でも、「〇〇さん、スミマセン、ちょっとお願いします」と、いわれる回数が増えてくる。

自分の名前が呼ばれる回数が、そこで一番多くなったとき、間違いなく、あなたの運勢はよくなっています。


そして、頼まれごとをしたときは、ニコッと笑って、元気よく「ハイ!」と返事。

一生懸命それをやり、「私は食べて行くお金があればいいですから」とかいって、淡々と勢いをつけていけば、出世は間違いなしです。


そういう人が独立すれば、周囲の人は、「あの人に頼めば快く引き受けてくれるから、あの人に頼んでみよう」となる。

独立後も、仕事がつつがなく行くんです。

ところが、頼まれごとをされると、「なんで自分ばかりが頼まれるんだ。同じ給料で、こんなにこき使われて」などといって、ふてくされてしまう人もいます。

そういう人は、ダラダラ仕事をしてしまうんです。

当然、運勢も悪い。


第一、頼みづらい人間を、そこの会社の社長はそのまま置いておくのか、という話にもなります。

優しい社長さんもいるでしょうが、世間は広いです。

そういう社長さんばかりではありませんよ。


『ツイてる!』角川oneテーマ21





松下幸之助翁は、成功するには「可愛げ」が必要だといった。

成功するには、上司や先輩からの「引き」が必須だからだ。

特に、若いうちは目上の人から好かれなければ、上には引っ張り上げてもらえない。

スポーツで言うなら、監督から好かれなければ、ベンチに入ることさえできない。


仕事においては、「この人は損得抜きで一生懸命やる人だ」と思われる人は周りから好かれる。

頼まれた仕事に対し、嫌な顔をしたり、ふてくされたり、斜に構えたり、不機嫌になるような人には、二度と仕事を頼みたいとは思わない。

それが積み重なると、やがて、まわりから何の頼まれごともされなくなり、人生の後半生、寂しい人生をおくることになる。


何をやるにしても、自分が少し損をする覚悟がないと、「損して得をとる」ことはできない。

土地を買うときは、いつだって「高い(損した)」と思うし、売るときも「安い(損した)」と思う。


損して得をとる人生に…

人から頼まれやすい人になりたい。






■メルマガの登録と解除はこちらから
http://hitonokokoro.com/

■「人の心に灯をともす」のfacebookページです♪
http://www.facebook.com/hitonokokoro

■【人の心に灯をともす】のブログはこちら
http://ameblo.jp/hiroo117/

■Twitterはこちらから
https://twitter.com/hiroo117