人の心に灯をともす 3737 自らが教える時に最もよく学ぶ

【自らが教える時に最もよく学ぶ】3737



ピーター・ドラッカー氏の心に響く言葉より…


《知識労働者は自らが教える時に最もよく学ぶ。》(プロフェッショナルの条件)


ドラッカーは、情報化時代の組織は「学ぶ組織」であると同時に「教える組織」にならなければならない、という。

生産性向上のためには、過去に学んだ知識や技能だけを頼りにするのではなく、絶えざる継続学習によって、新たに入れ替えたり、さらにうまく、よりよく行えるように磨き、訓練し続けることが必要になるのだが、学ぶ上で最も効果的な方法の一つが、教えることである。


たとえば営業マンが、営業マンの大会で自分の成功の秘訣を語る。

そうすることで、自分の経験を客観化、体系化し、磨くことができる。

外科医は地域の医者の集まりで自分の仕事について語り、看護師は新人の看護師に仕事を教えることで、さらなる成果をあげていくことができる。


日本でも、たとえば企業内研修の講師役を務めた人の多くは、こんな感想を持つ。

「人に教えることは、人から教えられることにもなります。だから、講師をやってよかったし、いい勉強になりました」と。


後輩を指導することで、講師は基本に戻って知識を確実なものとしたり、それだけでなく、後輩の相談に乗ることで、たくさんのことに気づき、それが成長につながっていく、という。

昔の徒弟社会では、師匠は「隠す人」だった。

弟子はそれを盗むしかなかった。

現代では、「語る人」が伸びる人である。


『1分間ドラッカー』(西村克己)SB Creative





《人は教えることによって、もっともよく学ぶ》

と言ったのは、セネカ ルキウス・アンナエウス・セネカ(紀元前1年頃 ~ 65年 4月)。

ローマ帝国の政治家、哲学者、詩人だ。


古来より、人に自分の技術や成功体験を包み隠さず教える人は、自らがもっとも学ぶ人となり、人から尊敬され感謝される魅力あふれる人となる。

逆に、自分の知った知識をケチケチして出し惜しみする人は、自分の成長も止まるし、ケチくさくてつまらない魅力のない人となる。


戦後の話だが、ある貧しい母子家庭があった。

無学な母親は、娘が学校から帰ってくると、夜、針仕事をしながら、今日学んだことを必ず聞いたという。

「お母さんは貧乏で勉強ができなかったから、学校であったことを教えてね」と。

すると、娘は母親に教えるために、必死になって勉強し、小学校を卒業する頃には、学校で一番となり、ついには最高学府まで出たという。


「人は、自らが教える時に最もよく学ぶ」

「教える人」、「語る人」、でありたい。






■メルマガの登録と解除はこちらから
http://hitonokokoro.com/

■「人の心に灯をともす」のfacebookページです♪
http://www.facebook.com/hitonokokoro

■【人の心に灯をともす】のブログはこちら
http://ameblo.jp/hiroo117/

■Twitterはこちらから
https://twitter.com/hiroo117