人の心に灯をともす 3747 「分かる」と「変わる」

【「分かる」と「変わる」】3747



戸田智弘氏の心に響く言葉より…


《私の場合、「よく分かんないからこの件で本を書こう」というのがとっても多い。分かって書くんじゃない。分かんないから書く。体が分かることを欲していて、その体がメンドくさがりの脳に命令する…「分かれ」と。》(作家、橋本治)


ブログを書く、レポートを書く、論文を書く。

人間は文章を書きたがる生き物である。

文章を書くなんてことは、たいへん面倒な重労働である。

であるにもかかわらず、多くの人が文章を書く。

なぜ人間は文章を書くのか?


私の話をする。

私だって文章を書くことは面倒くさい。

だけど、30代の後半ぐらいから1年に1冊くらいのペースで本を書いている。

「面倒くさいと思うのなら、やらなければいいのに…」と人は言う。


だけど、どういうわけか続けている。

なぜか?

生活のため…それもないわけではない。

だけど、それは理由としては小さい。

大きいのは、分かっていないことを分かりたいからだ。


橋本の言うこと…分かっているから書くのではなくて、分からないから書くのであり、それがそのまま考えることになる。

書くことを通じて私は、自分の考えを広げたり、深めたり、進めたりしていく。

本を一冊書くと、自分にとっての足場がひとつ増える。

その足場は、次に本を書く時の“陣地”になる。

陣地から下の方を見ると、今までわかっていなかったことが一望できて気持ちいい。

陣地から上の方を見ると、次に書くべきことが見えてくる。


『学び続ける理由』ディスカヴァー




戸田智弘氏は、「分かる」について本書の中でこう書いている。

『「わかる」の「わ」と「か」を入れ替えると不思議なことに「かわる」になる。

これが意味するところは案外と深い。

「分かる」と「変わる」のである。

何か変わるのかといえば、世界の捉え方や世界の見方が変わり、それによって自分が変わるのである。』


「教えることは二度学ぶことである」(ジョセフ・ジューベル)

という言葉がある。

これは、「分からないから本を書く」ということとよく似ている。


スピーチでもプレゼンでも、人の前で発表するためには、事前にしっかりと調べたり、考えを整理し、まとめたりしなければならない。

そうすることによって、自分の理解はより深まる。

つまり、アウトプットすることが前提にあるからこそ、インプットする意味がでてくる。


すると、「教える」ことも「本を書く」ことも、今まではとても手の届かないことのように思えていたのが、少し気が楽になる。

「分かる」と「変わる」…

自分の一冊を出すことができたら素敵だ。







■メルマガの登録と解除はこちらから
http://hitonokokoro.com/

■「人の心に灯をともす」のfacebookページです♪
http://www.facebook.com/hitonokokoro

■【人の心に灯をともす】のブログはこちら
http://ameblo.jp/hiroo117/

■Twitterはこちらから
https://twitter.com/hiroo11