人の心に灯をともす 3748 神様が人生を変えるために送り込んでくれた人

【神様が人生を変えるために送り込んでくれた人】3748



山崎拓巳氏の心に響く言葉より…


僕は友人から、よく、こんなことを言われます。

「拓巳さんて、ホントに就職したばかりの女の子とか、誰からでも学ぼうとしていますよね?あれ、なんでなんですか?」


たしかに、言われるとおりです。

僕は、たとえ、相手が社会に出たばかりだろうが、大学生だろうが、そんなことはまったく気にしません。

話を聞くときはMAXの状態で聞いているし、心が動いたら、その場でメモも取ります。

その子が、僕の人生を変えるような「すごい学び」のメッセンジャーかもしれないと思っています。


自分よりも立場がしたの人とか、若い人の言葉には学ぶものはないと思って、耳を傾けない人がいます。

相手が話しているときに「次は何を話そうか?」と思案し、うつろなモードで流して聞いている人もいます。

「アドバイスしてあげよう」なんておもい上がった気持ちでいる人も。


僕は、社会的な上下関係とか、年齢なんて、「学び」には、いっさい関係ないと思っています。

真剣に生きている人は、みんな、何かしらのメッセージを持ってきてくれます。

時には、自分よりもぜんぜん若い人が、ポツンと言った一言が人生を変えてくれることもあるのです。


「自分は、いつの間にか『守り』に入っていないか?まだまだ新しいことにチャレンジしなくてはいけないのではないか!」

と、反省させてくれたり、大いに心を揺さぶってくれることがあるのです。

相手がどんな人であろうと、「もしかしたら、この人は、神様が僕の人生を変えるために送り込んでくれたのかもしれない」って、そんなふうに考えて、話を聞いて欲しいです。


『スゴイ学び方』かんき出版




神様からメッセージがくるのは、「学びを教えてくれる人」だけではない。

「頼みごとをしてくる人」、「会社の上司や同僚や部下」、「友人」、そして「家族」など、ご縁のある人たちからのメッセージもある。

あるいは人ではなく、病気だったり、事故だったり、トラブルなどのこともみな、神様からのメッセージかもしれない。


神様からのメッセージは、目の前にいる人や出来事を通して、絶妙のタイミングで伝えられる。

ただ、それに気づく人と、気づかない人がいるだけだ。


「人は一生のうち逢うべき人には必ず逢える。しかも一瞬早過ぎず一瞬遅すぎない時に」

という、実践の哲学者、森信三先生の言葉がある。


今目の前にいる人は、「神様が人生を変えるために送り込んでくれた人」なのかもしれない。

一瞬一瞬の出会いを大切にしたい。






■メルマガの登録と解除はこちらから
http://hitonokokoro.com/

■「人の心に灯をともす」のfacebookページです♪
http://www.facebook.com/hitonokokoro

■【人の心に灯をともす】のブログはこちら
http://ameblo.jp/hiroo117/

■Twitterはこちらから
https://twitter.com/hiroo11