人の心に灯をともす 3758 物事をもっと軽く考える

【物事をもっと軽く考える】3758



斎藤一人さんの心に響く言葉より…


生きていると、いろんなことが起きるよね。

で、みんな何か問題が起きると、真剣な顔をして「どうしよう、どうしよう」って。

あのね、そんなに難しく考える必要はないんだ。

なんとかなる、なんとかなるって考えていれば、絶対になんとかなるの。


宇宙の摂理では、自分の思っていること、考えていることが未来を作るから、何か起きたときにあなたが「どうにもならない」なんて考えちゃうと、ますます悪い状況を呼び寄せるだけなんだ。

うまくいかないのは、人生を重く考えすぎるからなの。


人生とは、深刻になればなるほどうまくいかない。

なのに物事を難しく考える人って、小さいときから親や先生にそう教え込まれてきたんだよね。

人生は簡単じゃないとか、軽く考えると足元をすくわれるとか。

でも本来は、何でも軽く考えるのが正解なの。


一人さんが「あなたの考えていること、思っていることが現実になるよ」って言うと、急に深刻な顔になって、「私は考えを改めなきゃいけない」とかって考え込んじゃう人がいるの。

あのね、真剣に考えちゃいけないんだよ。

なぜなら、その「真剣にしないとうまくいかない」という思い込みが、悪い出来事を引き寄せちゃうから。

だって、ちょっとでも手を抜いたらうまくいかなくなるって、自分でそう思っているわけでしょ?

そもそも、重く考えると疲れちゃうから、重く考えたことは何をしても長続きしない。

そんなの意味がないよね。


世の中には、もっと重く考えなきゃいけないと言う人もいるけど、重く考えると行動が鈍っちゃうんだ。

慎重になって、動けなくなるの。

動きの鈍い人に、天下なんて取れるわけがないよ。

だって動き始めるのも遅いし、動いた後も、ちょっと失敗するともう動けなくなるんだから(笑)。


それに対して、何かを成し遂げている人は、間違いなくフットワークが軽いし、やることが早い。

物事を軽く考えているから、失敗しても「次はこうしてみよう」って、すぐに再挑戦できる。

そうやって、何回でも挑戦するんだよね。

失敗したって、やり直しはいくらでもきくんだ。

やり直せばいいだけ。

でもね、それができるのは、物事を軽く考えている人だよ。


みんな真剣になりすぎて、人と違うことをしようとしない。

それで人より成功しようだなんて、無理な話だよね。


本来、人は自由にさせておけば、周りの目なんて気にしないの。

俺みたく、どこまでも自分を貫けるようになるんだよね。

人にバカにされようが何しようが、自分の興味あること、好きなことには、どんどん挑戦するはずなんだ。


『最強運のつかみ方』マキノ出版




斎藤一人さんは、よく「真面目ジメジメ」という言葉を使う。

真面目な人は、往々にして、ジメジメと湿(しめ)っぽく、陰気になりやすい。

そして、活気がなくなり、暗っぽくなる。

深刻になるような人だ。


「あかるい」から「あ」を取ると「かるい」になる。

明るい人は軽い人だ。


色々な荷物を抱え込んでいる人は、動きが鈍い。

反対に、荷物を持たない人は、フットワークが軽い。

同様に、過去の経験やしきたりにこだわっている「重い人」は、動きが鈍い。

昔からの荷物をさっと捨てることが出来る「軽い人」は、行動が早い。


深刻になるのではなく…

物事をもっと軽く考えることが出来る人でありたい。






■メルマガの登録と解除はこちらから
http://hitonokokoro.com/

■「人の心に灯をともす」のfacebookページです♪
http://www.facebook.com/hitonokokoro

■【人の心に灯をともす】のブログはこちら
http://ameblo.jp/hiroo117/

■Twitterはこちらから
https://twitter.com/hiroo11