人の心に灯をともす 3794 「個人のサバイバル能力」があらゆる人に求められている

【「個人のサバイバル能力」があらゆる人に求められている】3794



唐土新市郎氏の心に響く言葉より…


今の時代、すべての「働く人」にとってもっとも重要なのは、

「会社に頼らず生きていく」

ということです。


あなたは、会社がなくなっても「『自分』という看板で生きていくことができますか?それだけの「稼ぐ力」が身についていますか?

もちろん、これは「フリーランスになれ!」「今すぐ起業しよう!」なんて話をしているのではありません。

サラリーマンだろうが、契約社員だろうが、パートだろうが、何だろうが、「会社や組織に頼らなくても生きていける自分」というものを持つ。

実は、これからの社長もそうです。

この状態をつくっておくことが大事なのです。


これからは、間違いなくそういう時代になります。

理由を挙げればキリがありません。

まず、会社はいつ倒産するかわかりません。

その瞬間、あなたは人材マーケットに放り出されます。

若い人でもベテランでも関係なく放り出されます。

そのときあなたは、「自分の価値」というものをしっかり、きっちり示すことができますか?


運よく会社が倒産しなかったとしても、どこかの企業に買収されて、一夜にして会社の制度がガラリと変わり、上司も変わり、業務内容も変わり、評価軸まですべて変わってしまう。

そんな劇的な変化のなかで、これまたあなたは「自分の価値」というものをきちんと示すことができますか?

また、会社に大きな変化がなかったとしても、部署が変わって人間関係がメチャクチャになり、日々ストレスいっぱいで「もう、こんなところで働けない」と思うことだって十分あります。

ストレスフルな環境で肉体や精神がむしばまれてまで、あなたは働き続けますか?

会社にしがみつきますか?


はっきり言って、そんな環境ならすぐにでも逃げ出したほうがいい。

だって、自分の人生、そんなの楽しくないでしょう。

そんなとき、あなたは会社を飛び出すことができますか?

会社を飛び出して「自分の価値」をしっかり示していけますか?

これは、人ごとではありません。

あなたの物語なのです。


これからの時代、働く環境や条件、待遇は目まぐるしく変わり、AIが発達すれば、人と機械の役割分担は抜本的に変わっていきます。

今まであなたがやってきた仕事を、AIがあなたの100倍のスピードでこなす時代がもうすでに来ているのです。

外国人労働者がこれまで以上に入ってくれば、従来とは全く違った競争、異なる評価基準が生じてきます。


終身雇用が崩壊し、転職が当たり前の世の中はもう現実になっていますし、最近は「働き方改革」の波のなか、よりフリーランスに近い「独立系」の働き方や雇用形態を認める会社も増えてきています。

要するに、「会社と個人の関係」が決定的に変わってきているのです。

まさに今、組織の時代から「個人の時代」へと移り変わっています。

そんな時代に、自由に、自分らしく、毎日ワクワクして働くためのキーワードは何だと思いますか?


それが、「会社に頼らず生きる」です。

もっと言うなら、「肩書き『オレ』で生きていく」です。

組織に属しているとかいないとか、そんなことは関係ありません。

つねに独立心を持ち、いざというときはいつでもどこでも「自分の看板」で世間と渡り合っていける…そんな人であれば、会社の人間か、フリーランスか、起業家か、なんてことは大きな違いではありません。


これは脅しではありません。

今という時代、そんな「個人のサバイバル能力」があらゆる人に求められているのです。


『肩書き「オレ」で生きていけ!』ディスカヴァー





唐土氏は本書の中で「読書」についてこう語る。

『最近、働き方改革によって残業がどんどん減っています。

肩書き「オレ」で生きていこうとする人にとって、これはすごく喜ばしい状況です。

なぜなら、みんなが22時まで働いている時代に比べて、みんなが18時で帰るということは、個人の時間が4時間増えるということ。

つまり、その4時間で人に差をつけることができるからです。

さて、その4時間で何をするか?

もっともおすすめなのが読書。

「どうやって自分を成長させようかな」と思ったら、とにかく本を読む。

これが一番です。

実際、私は若い頃、夜中の12時まで毎日本を読んでいました。

だから、だいたい月に40冊、年間480冊は読んでいました。

どんなに興味のないジャンルでも、すすめられた本は必ず読む。

そのもう1つの理由は、

●読んだ本は3年後に花開く

●1行でも自分の気づきになればいい

と思っているからです。

そもそも本というのは、自分の中でしっかりと腹落ちして、本当の価値が生まれてくるまでに1000日くらい熟成期間が必要だと思っています。

本とは不思議なもので、読んだ後、その内容をはっきり覚えているわけではないのに、潜在意識に放り込まれて、どこか自分の中に残っている…そんなことがよくあります。

また、読み手が不感症だったら、どんな本を読んだってダメ。

それこそ、体験がまるっきり無駄になってしまいます。

私は、「1行でも自分の気づきになればいい」と思っています。

残りの何千行が無駄になったとしても、たった1行、自分にとって価値があればそれでいい。

どんな本も、熟成期間を経て、いつしかあなたの宝になるのです。』


これからの時代は、会社に勤めていようと、社長であろうと、会社が倒産したときや、転職したときなどに「自分で稼げる力」が必要だ。

それは、どんな状況になっても生き抜くという、「サバイバル能力」であり、臨機応変の対応力や、どんな荒波も乗り切る野生の荒々しさと、行動力。

そのためには、まず、自分の価値を高めなければならない。

そうでなければ、自分を高く売れないからだ。


肩書き「オレ」で生きていきたい。





■メルマガの登録と解除はこちらから
http://hitonokokoro.com/

■「人の心に灯をともす」のfacebookページです♪
http://www.facebook.com/hitonokokoro

■【人の心に灯をともす】のブログはこちら
http://ameblo.jp/hiroo117/

■Twitterはこちらから
https://twitter.com/hiroo11