人の心に灯をともす 3837 何気なくつぶやいた言葉

【何気なくつぶやいた言葉】3837



小林正観さんの心に響く言葉より…


主婦が家の中で「あ~あ、私の人生は、アンラッキーだ。不幸だ」とつぶやいたとします。

それを聞いた夫と子どもは、どう思うでしょう。

きっと、「自分は、妻の(お母さんの)『アンラッキーで不幸な人生』の一部なんだ」と感じるのではないでしょうか。

そして、その言葉を聞いたとたんに、体の細胞がシュンとしてしまうでしょう。

2度、3度と愚痴を聞いているうちに、やがて「あ~あ」というため息を聞いた瞬間にその場から立ち去りたくなり、やがて、お母さんが「ただいま」と家に帰ってきただけで自室にこもってしまうようになります。


では反対に、「いや~、私の人生は本当にツイていて、ラッキーなのよね。すごく幸運なのよね」と何気なく言ったとします。

すると、テレビを見ていた夫と子どもは、潜在意識の中で「ラッキーでツイてる人生の一部を自分たちが担ってきたんだ」と感じ、その結果として体が活性化され、元気になっていくのです。


月に一度、「コーヒーとケーキの集まり」を開いている主婦10人がいます。

ある人が窓辺に立って「夕焼けはキレイだし、庭の花はきれいだし、私は本当にツイている」と言った。

それを聞いた人たちは「この人の『ツイてる人生』の一部になっている」と感じ、体が活性化され、元気になります。

「この人のそばにいるとなんだか体が元気になる」と感じるわけです。


一方で主婦の中に、「私の人生は最悪。仕事も家庭もうまくいかないし、本当にロクな人生じゃないのよね」と言う人がいます。

何気なく言ったつもりでも、この言葉は、「あなたたちが私に不幸を与えている」「あなたたちのおかげで不幸になった」と言っているのと同じようなものです。

彼女の愚痴を聞いた人は、潜在意識の中で「最悪な人生の一部を私たちが担っているんだな。私たちは、この人の不幸の原因になっていたんだ」と思い、シュンとしてしまうでしょう。


愚痴や泣き言を言うことで「人生を評論している」つもりかもしれませんが、結果的には家族から、友人から、神様から仏様から、すべてを敵にまわす(味方になってもらえない)ことになります。

「コーヒーとケーキの会」に(愚痴ばかりこぼす)この女性が参加する日は、ほかの人は来なくなってしまうのではないでしょうか。


『もうひとつの幸せ論』ダイヤモンド社





自治会やボランティアの組織で、不機嫌な顔をして不平不満や批判ばかり言う人がいる。

本人は正論を言っているつもりだが、聞いている人は、嫌な気持ちになる。

たいていは、口先ばかりで、自分では何も動こうとしない人だ。


心の中で、「みんなのため」「会のために」といくら思っていたとしても、口から出る言葉が、批判や、不平不満ばかりだったとしたら、周りの人には批判や不平不満しか伝わらない。

お蕎麦屋さんに行って、心の中でいくら「天ぷらそば」と念じていても、口から出た言葉が「鍋焼きうどん」だったら「鍋焼きうどん」しか出てこないのと一緒だ。


口に出す言葉しか、周りには伝わらない。

「不幸だ」「アンラッキーだ」というのか、「幸せだ」「ラッキーだ」と言うのか。


何気なくつぶやく言葉に愛がある人でありたい。





■メルマガの登録と解除はこちらから
http://hitonokokoro.com/

■「人の心に灯をともす」のfacebookページです♪
http://www.facebook.com/hitonokokoro

■【人の心に灯をともす】のブログはこちら
http://ameblo.jp/hiroo117/

■Twitterはこちらから
https://twitter.com/hiroo11