人の心に灯をともす 3841 今日、ただ今、この刹那を生きる

【今日、ただ今、この刹那を生きる】3841




小林正観さんの心に響く言葉より…


《「過去」を悔やむことはなく、「未来」を心配することもない。ただ一つ考えているのは「念を入れて生きる」ということ》


「念」という字を分解すると、「今」の「心」と書いてあります。

「念」を入れるということの意味は、とてもわかりやすく文字に書いてあるのです。

「念」とは「今」の「心」。

「今」を大事にする「心」。

「今、目の前にいる人を大事にし、今、目の前にあることを大事にすること」


お釈迦さまが、弟子にこう聞かれました。

「お師匠さまは神通力にすぐれ、人の前世や来世が見えるとのことですが、私の前世はどんなものだったのでしょうか」

お釈迦さまはこう答えたそうです。

「そんなことは考えなくてよいから、今日(こんにち)、ただ今、この刹那(せつな)を大事にして生きなさい」


弟子はしばらく黙っていましたが、再び聞きました。

「私の来世はどんなものでしょうか」

普通の人なら「わからずや」と呼ぶところでしょうが、お釈迦さまはやはり静かに、こう言いました。

「そんなことは考えなくてよいから、今日、ただ今、この刹那を大事にして生きなさい」


お釈迦さまが使った「この刹那」というのは、今の一瞬一瞬のこと。

現代では「刹那主義」と言えば「今さえよければあとはどうなってもいいと思うこと」との意味ですが、本来の「刹那主義」とは一瞬一瞬を大事にして生きる思想、考え方のことでした。


私も時々人から聞かれます。

「私の前世は何だったのでしょう」

そのたびにお釈迦さまの答えを引用していますが、時にこんな回答もつけ加えます。


「仮に前世が殺人者で、あるいは強盗で、あるいは詐欺師であったとしましょうか。では、今生でのテーマは何だと思いますか?」

「わかりません」

「今生では、ほかの存在、これは人だけでなく動植物全ての存在ですが、その存在たちから喜ばれる存在になることではないでしょうか」

「なるほど」

「では、前世で、多くの存在たちから喜ばれる存在だったとしましょう。今生でのテーマは何でしょうね」

「……」

「今生でのテーマは、もっと喜ばれる存在になりなさい、ということではないでしょうか。そう考えたら、前世が何者であったかはどうでもよいことになる。今生でのテーマは、いかに多くの存在物から喜ばれる人になるか、ということですよね」


「私のこの考えは、「念」という言葉から生まれ出てきたものです。

「念」という言葉は、「念じるとそうなる」「そうならないのは念じ方が足りないからだ」というように、「自分の思い通りに未来を作る」「未来を呼び寄せる」という意味に使われてきました。

しかし、「念」ということの本当の意味としては、そんな「未来的」な意味は全く含まれていないのです。

「念」とは「今」の「心」、としか書いてないのですから。


そして、仮に、目の前の人を大事にし、目の前のことを一つ一つ大事に、やっていったとします。

その「念」を入れた生き方は“未来”につながっていくでしょう。

「今」が独立して存在しているわけではない。

「今」の積み重ねが“未来”を作っているのです。


『生きる大事・死ぬ大事』イースト・プレス





「人生二度なし」と言ったのは、哲学者の森信三先生。

今日やるべきことを明日に延ばさない、ということであり、今日(こんにち)ただ今しかないのだ、という気持ちで生きること。


アメリカの9.11の同時多発テロで、有名になった、「最後だとわかっていたなら」という詩がある。

『あなたがドアを出て行くのを見るのが

最後だとわかっていたら

わたしはあなたを抱きしめてキスをして

そしてまたもう一度呼び寄せて

抱きしめただろう

あなたが喜びに満ちた声をあげるのを聞くのが

最後だとわかっていたら

わたしはその一部始終をビデオにとって

毎日繰り返し見ただろう』


「今生でのテーマは、多くの存在から喜ばれるように生きること」

『一度だけの人生だ。だから今この時だけを考えろ。過去は及ばず、未来は知れず』(中村天風)


二度とない、今日、ただ今、この刹那を、一所懸命に生きていきたい。





■メルマガの登録と解除はこちらから
http://hitonokokoro.com/

■「人の心に灯をともす」のfacebookページです♪
http://www.facebook.com/hitonokokoro

■【人の心に灯をともす】のブログはこちら
http://ameblo.jp/hiroo117/

■Twitterはこちらから
https://twitter.com/hiroo11