人の心に灯をともす 3942 今、目の前に起きている現象は過去の集積

【今、目の前に起きている現象は過去の集積】3942



小林正観さんの心に響く言葉より…


ある会社の経営者からこういう相談がありました。

「最近、社員や周りの人たちから激しく攻撃されて困っています。

毎日、社員から文句を言われてイヤな気分になっています。

穏やかに過ごしたいと思っていますが、どうしてそんな問題が起きるのでしょうか」


私はこう答えました。

「今、目の前に起きている現象は、過去の集積なんですよ」

過去の行動、言葉の積み重ねが、現在の状況をつくっています。


「今、そうなっているのは、あなたが今まで周りの人や社員を大切にしてこなかったからでしょう。

怒鳴ったり、怒ったりしてきたんじゃないですか」

と聞くと、「そのとおりです…」とおっしゃっていました。


会社がうまく回っているうちは、社員は不満も我慢できますが、経営が厳しくなると、とたんに反撃を開始します。

けれども今まで社員に温かい態度で接していたならば、給料が払えない事態になったとしても、突然、手厳しく噛みついてはこないのではないでしょうか。

過去、どう生きてきたか。

その結果として、今のあなたがいるのです。


《自分の投げかけたものが、現在をつくっているということです。》


『宇宙法則で楽に楽しく生きる』廣済堂出版




今、コロナの問題で、大きな変化が起こっている。

その中で、その変化についていける人と、そうでない人の差が出てきている。


たとえば…

◆会議や学校の授業がzoomなどのテレビ会議になったのに、PCが古くてカメラが無い。

◆webカメラが品薄で手に入らないし、そもそも、自宅にパソコンやタブレットがない。

◆飲食店で、客席を閉めたので、弁当を売りたいが、今までテイクアウトをしたことがないので、準備に手間取っている。

◆スマホやパソコンはあるが、SNSとかネットを見たり、アプリを使いこなすというような習慣がないので、無料の教育ツールなどの有益な情報が取れない。

◆暇ができて読書をしたいが、読書の習慣がないので、この休業中に一冊も読めていない。


「すべては今のためにあったこと」(中山靖雄)

辛かった過去も、失敗した過去も、すべてはそれらが今につながっている。


今、目の前に起きている現象は過去の集積。

だからこそ、1年後、2年後の未来のために、このたった今から、それらの準備を始めたい。

いつだって、遅すぎることはない。

気づいたときが、スタートの時。


新たなことへチャレンジを恐れない人でありたい。






■メルマガの登録と解除はこちらからhttp://hitonokokoro.com/

■「人の心に灯をともす」のfacebookページです♪http://www.facebook.com/hitonokokoro

■【人の心に灯をともす】のブログはこちらhttp://ameblo.jp/hiroo117/

■Twitterはこちらからhttps://twitter.com/hiroo117