人の心に灯をともす 3986 伊達政宗の、相手の期待を超えた「もてなし」

【伊達政宗の、相手の期待を超えた「もてなし」】3986



水野敬也氏の心に響く言葉より…


ミシガン州立大学のエル・アライリ博士によると、人は誰かに優しくされると、その相手に恩義を感じて「お返ししたい」と考えるようになります。

これは「返報性のルール」として有名ですが、アリイリ博士によると、この返報性のルールが最も強く作用するのは「何の期待もしていない時に、他人に優しくされた時」ということです。

つまりサプライズで「もてなす」か、相手の期待を超える「もてなし」ができれば、その効果はより大きくなると言えるでしょう。


独眼竜と呼ばれ剛健なイメージの強い伊達政宗ですが、実は「もてなす」という術にとても長けた武将でした。

美食家だった政宗は、こだわり抜いた食事で客人を接待することが多かったようですが、いたずらに高価で珍しい食材を用意するのではなく、いかに相手をもてなし、感動させるかということに重きを射ていたようです。

政宗自身も、「主人が心を込めてもてなす姿勢が大事だ」と語っていたといいます。


江戸時代になると、政宗は江戸藩邸に将軍たちを招き、肴、汁物、香の物から菓子にいたるまで考え抜いた献立でもてなしました。

時には自らが膳を運ぶこともあったそうです。

1630年に江戸城二の丸で、政宗が3代目将軍家光を接待した際には、バリエーション豊かな献立に続き、空から降ってきた大きな鯉を政宗自ら料理するというパフォーマンスを披露したという記録が『徳川実紀』に残っています。

そして、政宗の「もてなし」に何度も感動した家光は諸侯の中でも特に政宗を優遇したといいます。


美食家の政宗が料理による「もてなし」を処世術として用いていたように、自分の得意分野を活かして、相手をもてなしてみましょう。


『サラリーマン大喜利』文響社
https://amzn.to/2UNLmiF




佐藤富雄氏は、「おもてなし」についてこう語る。

『わたしの年齢は、普段仕事でお付き合いのある人たちより、たいてい上ですし、年収にしても同じでしょう。

ですから「おごられる」より、「おごる」機会のほうが、自然と多くなります。

しかしながら、できる人たちの中には、あとで必ず「お返し」をしてくれる人もいます。

決しておごられっぱなしにならないところが、人との付き合い方をさすがよくわかっていると思ってしまいます。

わたしは経験上、様々なものを味わってきましたし、お酒や、料理に対する舌も、おそらくはそれなりに肥えていることでしょう。

むろん、だからといってご馳走されたときに、「こんなものは要らないよ」と怒ることはないのですが、おもてなしを考えてくれる相手にとっては、それなりのプレッシャーになることは確かだと思います。

そんな事情を酌(く)んでか、皆さんいつも工夫してくれる人が多いのです。

たとえば、毎回のように洒落た店を見つけてきては、わたしの好みに合わせて、メニューなどもきちんとセッティングしてくれる人もいる。

こういった人たちの脳に何が起きていくかわかりますか?

「御馳走すること」によって鍛えられていくのは、他ならぬ自分自身なのです。

ですから「おごられ上手」になっているばかりでは、自分に「ひらめき」をうながしていくことはできません。

実は「おごり上手」になってこそ、皆さんの「ひらめき脳」は開発されていくのです。』(脳が悦ぶと人は必ず成功する)より



「おもてなしは「ひらめき脳」をつくる」ということ。

誰かを徹底的に「もてなそう」「喜ばせよう」と思うなら、相手の好き嫌いや、行動パターンを真剣に調べないと不発に終わってしまう。

かなり頭や知恵を絞らなければ相手は喜ばない。

しかも、それが経験豊かで贅沢を知っている人ならなおさらのことだ。


すると、それが自分の「ひらめき脳」を磨くことになる。

相手の期待を超えた「もてなし」をする経験を積み重ねたい。






■メルマガの登録と解除はこちらから http://hitonokokoro.com/

■「人の心に灯をともす」のfacebookページです♪http://www.facebook.com/hitonokokoro

■【人の心に灯をともす】のブログはこちらhttp://ameblo.jp/hiroo117/

■Twitterはこちらからhttps://twitter.com/hiroo117