人の心に灯をともす 4564 日本の大人はアウトプットが不足している

【日本の大人はアウトプットが不足している】4564



成毛眞氏の心に響く言葉より…


日本の大人はアウトプットが不足している。

しているのはインプットばかりだ。

職場など周りを見渡しても、目につくのはインプットには興味津々、熱心な一方で、アウトプットが足りていない人間ばかりなのではないだろうか。

アウトプットが不足している人間は、魅力がない。

何を考えているかがわからない。


当然だ。

何を考えているかを表現することも、アウトプットだからだ。

何を考えているかわからない人間は、周りから関心や好感を持たれることがない。

むしろ恐怖感を与える。

どんなに真面目で正義感があっても、どんなに博愛主義者で、休日はボランティアにいそしみ、困っている人には手を差し伸べずにいられない人であっても、だ。


アウトプット不足は損をする。

そうと頭でわかっていても、アウトプットに苦手意識を持つ人もいる。

その理由はきわめてシンプルだ。

アウトプットに慣れていないのだ。


ゆとり教育以降、小中学校や高校では、アクティブラーニングが行われるようになってきた。

教室で教師から一方的に知識を教わるのではなく、自分はどう考えるかを発表するタイプの授業が増えているのだ。

だから、若い子はアウトプットに慣れつつある。

少子高齢化が叫ばれるこの時代、ユーチューバーと呼ばれる若者が数多く登場し活躍しているのは、受けた教育の賜物(たまもの)と言えるのではないか。


ところが、ゆとり以前の教育、偏差値偏重の詰め込み教育、インプット重視の教育を受けてきた世代、つまり今の30代後半より上の世代は、インプットにだけは長けた人が多い。

勉強好きで、知識が増えるのに喜びを覚える人も多く、そういう人が優秀とされてきた向きもある。

しかし、そこで留まっていては「何を考えているかわからない、むしろ怖い人」で終わってしまう。


自分は誤解されやすい、周囲は自分を正しく理解してくれないと思うことがあるなら、それは、アウトプット不足のせいかもしれない。

そして、次々と社会人デビューするアクティブラーニング世代は、アウトプット能力を装備している。

丸腰のままでは、あっという間に並ばれるどころか、抜かされて、置いてきぼりをくらうだろう。

そうなりたくないのなら、今からでも遅くないので、アウトプット能力を上げ、アウトプットを増やすことだ。

いや、アウトプットを増やして、アウトプットの能力を上げるといったほうが正しい。

アウトプットは、すればするほどそのテクニックが磨かれるものだからだ。


AIに奪われる仕事、奪われない仕事が、あちこちで話題になっている。

要するに、人間からインプットを受けて、なんらかの編集をして、アウトプットをする仕事は奪われないということだ。



『インプットした情報を「お金」に変える 黄金のアウトプット術』ポプラ新書
https://amzn.to/3s9zMwN






アウトプットは究極の「セルフブランディング」だ。

自分という商品、あるいは自分という個人会社をどのようにプロデュースするかという話だ。


SNSで何も発信しなければ、ブランディングどころではなく、その人の存在すら知られることはない。

そして、ただ発信すればいいのではないことも、はっきりしている。


大事なことは、その発信をして自分のブランド価値が高まるかどうか、という点だ。


それは、まわりから「痛い」と思われるような発信はしないこと。

無理やり自分のブランドイメージを高めるための、ちょっと無理した(盛った)投稿などはすぐに見破られる。


そして、大事なのは継続。

アウトプットも単発なら誰でもできる。

継続は信用につながる。


「日本の大人はアウトプットが不足している」

セルフブランディング力を高めたい。





■メルマガの登録と解除はこちらから http://hitonokokoro.com/

■「人の心に灯をともす」のfacebookページです♪http://www.facebook.com/hitonokokoro

■【人の心に灯をともす】のブログはこちらhttp://ameblo.jp/hiroo117/

■Twitterはこちらからhttps://twitter.com/hiroo117