人の心に灯をともす 4575 人間の天敵

【人間の天敵】4575



致知出版社、藤尾秀昭氏の心に響く言葉より…


地球に住む生命体に宇宙は等しく天敵を与えた。

天敵がいなければあらゆる生命は増長し、蔓延(まんえん)、跋扈(ばっこ)する。

それは調和を愛する宇宙の心に反するということだろう。


ただ、限りない生命体の中で人間にだけ天敵がいない。

なぜか。

長い間の疑問だったが、ある時思い至った。

人間の天敵は外ではなく、心の中にいるのだ、と。


人間を襲い、蝕(むしば)む天敵。

それは心の中に巣くう不平不満である。

事あるごとに沸き起こってくる不平、不満、愚痴こそ、人間を滅ぼす天敵である。



人間を損なう天敵の対極にあるもの、それが感謝である。

心が感謝の思いに満ちあふれた時、あらゆる不平不満は一気に消え去る。

感謝こそ、人間という生命体を健やかに成長させる根幹である。


『小さな人生論 ポケット名言集』致知出版社
https://amzn.to/39DE9t0






本書の中に「運命をひらく鍵」という一文があった。


『与えられた条件の中で、

運命を呪(のろ)わず、不平不満を言わず、

いま自分にできる最善の努力をする

…運命を切りひらく鍵はそこにある。』



何かを頼まれたとき、結局最後は受けるのに、何かひとことを言ってしまう人がいる。

「いま忙しい」とか「なんで私のところに持ってくるの」、「他にも引き受けているから」とか。

ニッコリわらって「はい、喜んで」と引き受ければ、相当値打ちが上がるのにもったいない。


毎日を、喜び、楽しみ、面白がり、そして…

「感謝」多き人生を歩みたい。






■メルマガの登録と解除はこちらから http://hitonokokoro.com/

■「人の心に灯をともす」のfacebookページです♪http://www.facebook.com/hitonokokoro

■【人の心に灯をともす】のブログはこちらhttp://ameblo.jp/hiroo117/

■Twitterはこちらからhttps://twitter.com/hiroo117