人の心に灯をともす 3100 ほめる達人には「驚き」がある

【ほめる達人には「驚き」がある】3100


精神科医、名越康文氏の心に響く言葉より…


「驚く力」は、仕事はもちろん、読書や映画鑑賞、あるいは子育てや家事、ご近所づきあいまで、僕らが生きる日常のあらゆる場面で応用することができます。

ただ僕は、その中でもとりわけ学校の先生や、会社で部下を率いている人、あるいは子育て中の親御さんといった、人を教育し、導く立場にある人に、この「驚く力」のことを知り、考え、活用してもらいたいと考えています。


例えばよく「ほめて伸ばす教育」ということが言われます。

でも、「ほめてあげる」という姿勢には、「ほめる人」の感動が感じられません。

上から目線でで、心が動かされて感じがありませんよね。


一方、本当に上手に人をほめる人というのは、必ず非情に豊かな「驚く力」を持っています。

というのも、ほめる人が驚いているかどうかは、子供や生徒など、教えられる立場の人に必ず伝わっているからです。

そして、ほめる側の心に「驚き」が伴ったときの「ほめ」には、そうでないときの何倍もの力が宿る。

つまり、「驚き」には、人を導く力があるんです。


子供や生徒が何かをできるようになったときに、「え!こんなことができるのか!」と素直に驚くということ。

子供や生徒の中に、自分たちが想像もしなかった何かの存在を認め、それを自分の中に取り入れて「すごい!こんな可能性もあったのか!」と驚くということ。

そういう「驚く力」にあふれた人の「ほめ」には、人を動かす力があります。


学ぶ人にも、学ぶ人を導く人にも、「驚く力」は欠かせない資質だと思います。

驚きのない学びに力がないのと同じように、驚きのない「ほめ」は、決して人を動かしません。

「驚く力」を大切にして、自分がまだ知らない何かを発見していることを楽しむということ。

その姿勢が学びを深め、情熱を育むのです。


『驚く力』夜間飛行




行徳哲男氏はこう語る。


『「武蔵野」を書いた国木田独歩の短編小説に 「牛肉と馬鈴薯」という作品がある。

その中で主人公が一番の願い事としていること、それは政治家になることでもない。

事業家になることでもなければ、哲学者になることでもない。

もしこの願いさえ叶えられるならば、 他は何もいらないと言っているもの。

それは、どんなことにでも「ハッ!」と 出来る人間になることである』


どんなことにも「ハッ!」と出来る人間は、感性豊かな人だ。

感性が鈍(にぶ)っていたら、驚くことも、 感動することも、 泣くこともできない。


「ほめる」ことが大事なのは言うまでもない。

しかし、心がこもってない「ほめ言葉」ほど空虚なものはない。

心をこめるには、「驚き」や「感動」が必要だ。


「驚き」とは、どんなことにでも「ハッ!」できること。

ほめる達人には「驚き」がある。







■新メルマガの登録と解除はこちらから
http://hitonokokoro.com/

■「人の心に灯をともす」のfacebookページです♪
http://www.facebook.com/hitonokokoro

■【人の心に灯をともす】のブログはこちら
http://ameblo.jp/hiroo117/

★Google+始めました!
https://plus.google.com/b/115426645501816794861/