人の心に灯をともす 2819 だれをバスに乗せるのか

【だれをバスに乗せるのか】2819


佐藤雄佑氏の心に響く言葉より…


私は結婚と就職は似ていると思っていて、どちらも人生にとって大事な決断です。

結婚の相手選びの時には、外見・ステータスだけで決める人はあまり多くないと思うのですが、就職においては、新卒の就職人気ランキングを見ても大手・安定企業が並んでいて、いわゆる外見で選んでいる人があまりにも多いと感じています。

転職においても、20代から30代前半くらいまではこの傾向が強いです。


では、そのような大手企業以外の会社では、いい人材を採ることができないのでしょうか。

もちろん、答えはNOです。

で、どうすればいいかというと、『外見で勝てないなら、性格で勝負するしかない』ということです。


VUCA(ブーカ)という言葉をご存知でしょうか?

これからはこのVUCAの時代だと言われています。

VUCAとは、Volatility (不安定)、 Uncertainty (不確実)、 Complexity ( 複雑性)、 Ambiguity ( 曖昧性)の頭文字を合わせた軍事用語で、ここ数年でビジネスの世界でもよく耳にするようになりました。

つまり、先の見えない変化の時代ということです。

このような変化の時代においては、今まで培った経験・知識が意味を持たなくなるかもしれません。


では、VUCA時代にどのように生きていけばいいかといういと、ズバリ変化対応能力の高い人・組織を築いていくということです。

逆に言うと、変化を嫌う安定大好きな人・組織では間違いなく通用しなくなっていくでしょう。


これまでは誰かがつくったレールの上をきっちり、真面目に通っていけばよかったのかもしれませんが、これからはレールが分かれていたり、途中で切れてなくなっていたりするわけです。

それでも、意思決定して、進んでいかなくてはいけません。

「なにをするか」というのは変化の激しい時代の中で変わっていきます。

まさに「組織は戦略に従う」という時代から「戦略は人・組織に従う」という時代にシフトしていきます。

現在の自社のメイン事業が5年後・10年後も同じとは限りませんし、むしろ変わっている方が多いかもしれません。

つまり大事なのは「誰とするか、誰がするか」といった人・組織であり、いかに変化していけるかということです。


私の好きな本に『ビジョナリー・カンパニー2飛躍の法則』(ジム・コリンズ著)という本があります。

特にこの本の第3章の「だれをバスに乗せるのか」という内容が好きなのですが、このようなことが書いてあります。


「このバスでどこへ行くべきかはわからない。しかし、わかっていることもある。適切な人がバスに乗り、適切な人はそれぞれふさわしい席につき、不適切な人がバスから降りれば、素晴らしい場所に行く方法を決められるはずだ」

すなわち、「何をすべきか」ではなく、「誰を選ぶか」から始めれば環境変化に適応しやすくなるということです。

まさにこれからの時代を見通したような内容でびっくりしますが、変化の時代だからこそ、人が大事だということです。

とても本質的ないい言葉だと思っています。


『いい人材が集まる、性格のいい会社』クロスメディア・パブリッシング





行徳哲男師にこんな言葉がある。


『福沢諭吉は言った「盲目社会に対するは獣勇(じゅうゆう)なかるべからず」

一寸先が真っ暗闇の時代(盲目社会)を生き残るには獣の勇気を持つことである、と。

獣の勇気とは何か?

獣は考えない。

ゆえに、迷わず、こだわらず、とらわれない』


VUCAの時代とはまさに、一寸先の見えない混沌(こんとん)とした現代のこと。

「考えない」とは、感性で感じるということ。

ITやAIが進めば進むほど、理屈の時代からますます感性が必要とされる時代になる。


『外見で勝てないなら、性格で勝負するしかない』

性格が合うかどうかとは、まさに感性が合うかどうかに他ならない。

最後は好きか嫌いか、だからだ。


「旅はどこへ行くかより、誰と行くかが大事」

会社も組織も、性格がいいところに人は集まる。







■新メルマガの登録と解除はこちらから
http://hitonokokoro.com/

■「人の心に灯をともす」のfacebookページです♪
http://www.facebook.com/hitonokokoro

■【人の心に灯をともす】のブログはこちら
http://ameblo.jp/hiroo117/

★Google+始めました!
https://plus.google.com/b/115426645501816794861/