人の心に灯をともす 2898 みんなと同じことをやってたら、お客さんは来ない

【みんなと同じことをやってたら、お客さんは来ない】2898


萩本欽一氏の心に響く言葉より…


日本人って、どういうわけか、みんな「ごく普通」というのが好きだよね。

でも、普通のことをやっていても、大成功なんてありえない。

もっと新しいことを考えて、どんどん変えていかないと。


僕の知りあいに、映画監督を目指してカメラをまわしてたやつがいるの。

そいつが故郷に帰って、地方の商店街で親父さんがやってた店を継いだのね。

その商店街というのは、このところ、どんどんさびれていく一方だった。

そいつはものをつくってたから、ものづくりの感覚で「こういうことをやったらどうだろう?」って考えて、自分たちで広場に小さな市場をつくった。

そこに商店街のみんなで出店したんですよ。


そしたら大成功して、今度は鉄筋6階建ての大市場にするんだって、みんなで寄り集まってやったら、品物が変わったわけじゃないのに大繁盛しちゃった。

そいつは商売なんて一度もしたことないんですよ。

何もわかんないやつが、「とりあえずやってみましょうよ」って、掘っ建て小屋みたいな市場をこしらえた。

たいして計画もしないで、あまりお金もかけないで。


たぶん、それがよかったんだと思うよ。

その雰囲気が本当に市場っていう言葉にあってたんだろうね。

で、市場という名前を聞いただけで、「安そうだし、なんだか面白そうだぞ」って、みんなが集まってきたんだろうね。


しかし、商売を知らないやつがそんな計画して、商店街がよくまとまったよね。

おそらく、みんなお客さんが減って困ってたから、「まあ、やらないよりやったほうがいいじゃないの」って、いいも悪いもないしにやったんだと思うな。

だから、改革というのは、何も知らない新しいやつがするんですよ。

ベテランの長老たちが難しい顔してあれこれ議論しても、たぶん何も変わらないよ。

そいつは何も知らないから、思い切ったことができた。


みんなと同じことをやってたら、お客さんは来ません。

もっと、他の人がやっていないことを考えないと。


だから、一番大事なのは逆転の発想。

ダメを気持ちいいほうに転換するところからはじめないと。

一般論とか一般的っていうことを、みんな大事にしすぎてる。

そんなものは、サッサと捨てたほうがいいよ。


『人生にはチャンスが三度ある』ビジネス社





小林正観さんは商店街の活性化についてこう語る。


「私は全国で町おこし、村おこしが成功した例を見てきましたが、そこには共通点がありました。それは、

1. その町や村で育った人が一度都会に出て生活し、戻ってきて何かを始めた。

2. 都会に住んでいた人が仕事を辞め、その町や村に移り住んで何かを始めた。

3. その町や村の外に多くの友人・知人を持っている人が何かを始めた。

この3つのうちのどれかです。

外の世界と交流を持ち、外の世界を知っている人が、新しい楽しいアイデアを持ち込み、活性化のきっかけをつくっているようです。

ずっとその町や村から出たことがない人は、その地域のよさを認識できないので、そのよさをアピールすることができない」


そして、変わった人が出てきて、「一人勝ち」することだという。

すると、その変わった一人勝ちしている店のまわりに、また変わった人が店を出すという好循環になるからだ。


「井の中の蛙(かわず)」という言葉があるが、その町の良さは、外から来た人には分かるが、ずっと住んでいる人には分からない。

これは、会社でも同じこと。


「みんなと同じことをやってたら、お客さんは来ない」

他の人がやっていないことを考える人でありたい。






■新メルマガの登録と解除はこちらから
http://hitonokokoro.com/

■「人の心に灯をともす」のfacebookページです♪
http://www.facebook.com/hitonokokoro

■【人の心に灯をともす】のブログはこちら
http://ameblo.jp/hiroo117/

★Google+始めました!
https://plus.google.com/b/115426645501816794861/