人の心に灯をともす 2967 自力の後に他力あり

【自力の後に他力あり】2967


斎藤一人さんの心に響く言葉より…


《自分で黙々と努力していると、まわりから助けが出る》


「自力(じりき)の後に、他力(たりき)あり」って、私はいつも言っています。

自分の力で一生懸命努力していると、それを見たまわりの人から、助けが出るんです。

そして運も向いてくるんです。


ずいぶん前に、ものすごく荒れ果てた神社があったんです。

そこへ新しい神主(かんぬし)さんがきました。

その神主さんは働き者で、毎日、一生懸命掃除をして、一生懸命草取りをしていました。

そしたら、それを見ていた近所のおじいちゃん、おばあちゃんが、だんだん手伝うようになっていったんです。


一生懸命、自力で神社をきれいにしようとしている神主さんに感動して、応援が出たんです。

これが「自力の後に、他力あり」。


でも、自力で努力しないで、先に他力をお願いするっていうのは、ダメですよ。

自分で一所懸命にやらないで、「人の応援がほしいです」とか、「神の応援がほしいです」とか、ふざけたこと言っちゃいけません(笑)。

たとえ、人の100倍努力していたとしても、

「みなさんのおかげです」

そう言うんですよ。


人生っていうのは、「順調なとき」と「逆境で苦しいとき」の二つの時期があります。

この「逆境のとき」の過ごし方が大切なんです。

苦しいときに腐っちゃう人。

文句も言わないで勉強して、ぐんと成長する人。

この二つに分かれます。


『強運』PHP研究所




自分勝手で自分本位な人は、まず自分のことを考える。

逆境で苦しいときに、それが一気にあらわれる。

人のことは後回しにして、自分のことばかり考える「利己の人」。


だが、そんな逆境のときでも、まわりに気遣いして、人の利益や人の気持ちを先に考える「利他の人」。

文句を言わずに、黙々とやり続ければ、誰かが見ている。


哲学者の 西田幾多郎(にしだきたろう)先生の言葉に、「黙々与天語 黙々与天行」(黙々として天と与《とも》に語り、黙々として天と与に行く)がある。

お天道さまが見ている。


ギブアンドテイク(give and take)も、ギブ(与える)が先。

ただし、テイク(うけとる)という見返りを受け取ることを前提に、与えるのはダメ。

あくまでも、見返りをもとめない無償の行為、いわば、ギブアンドギブかどうかをお天道さまは見ている。


すべてのことは…

自力の後に他力あり。






■新メルマガの登録と解除はこちらから
http://hitonokokoro.com/

■「人の心に灯をともす」のfacebookページです♪
http://www.facebook.com/hitonokokoro

■【人の心に灯をともす】のブログはこちら
http://ameblo.jp/hiroo117/

★Google+始めました!
https://plus.google.com/b/115426645501816794861/