人の心に灯をともす 3690 人生を楽しくする最速の方法

【人生を楽しくする最速の方法】3690



斎藤一人さんの心に響く言葉より…


人間ってね、3つのものでできているんです。

1つは、「命」。

これは神さまからいただいたもの。

どんなに科学が発達しても、人間は細胞をいちから創り出すことはできないんです。

だからこそ、命は尊いものなんです。


2つめは、「考え方」。

心というものだよね。

心は、人間の創造主なの。


そして、3つめに「肉体」。

目で見ることができる肉体は、1と2を合わせた結果といえます。


この中で、自分を変えることができるのが「考え方」なんです。

自分の考え方、つまり「自由意思」をいい方向へ持っていけば、いい道に進めるようになっているんです。

自分の意志で、舵をとっていくということなんだよね。


「明るく心豊かで、人に親切に、楽しく仕事をやろう」


こう思うだけで、ハンドルが豊かで楽しいほうに向かっていく。

心の舵を切るのは、いつも自分自身なの。

この「自由意思」を使えば、イヤなことだって、いい経験に変えていくことができるんです。


たとえば、車に乗っていて追突されちゃったとする。

車は大破するし、首は捻挫する。

このとき、

「なんてツイてないんだ。どうしてくれるんだ」

と思うか、

「死ななくて本当によかった。運がいいな」

って思うかで、人生は変わってきちゃうんだよ。


追突されたときは、「コノヤロー」って感じるかもしれない。

でも、あとになって「あのときはツイてた」と思い直すことができれば、魂が成長するんです。


だからさ、雨が降ったら、「イヤだな」ではなく「天の恵みだな」。

答えが間違っていたら、「恥ずかしいな」ではなく「知らないことがわかって、よかったな」って思う。

いい方向へ変換してみることだよ。

人間って、放っておくと、不安になるのが普通なの。

だから、意識的に「いいほう」へ心の舵を切ることが大切なんだよね。


それから、偉人伝とか、うまくいった実業家の本を読むと、苦労して成功した話が書かれているよね。

エジソンは毎日夜を徹して研究に没頭したとか、ナイチンゲールは戦火の中、懸命に看護に勤(いそ)しんだ、とか。

だから、世の中の多くの人が、苦労しないとうまくいなないと勘違いしている。

ここが大きな間違いなんです。


いいかい。

世の中って、「心が豊かで、楽しければ」うまくいっちゃうようにできているんだよ。

仕事でも何でもそう。

苦労なんかしちゃいけない。

もし、苦労していると感じたら、それは好きじゃないことをやっている、ということです。


エジソンだって、ナイチンゲールだって、好きなことだから徹夜で研究したり、危険に身をさらして戦地で看護をしたりしたんだよ。

彼らにとってはそれは「苦労」じゃないってこと。

大好きだから、夢中になってやったんだよね。


「自分はここまで成功するのに、こんなに苦労した。あんなに大変な時間を過ごした」って、出世した人はよく言うんだ。

これを信じてしまうかもしれない。

だけどね、これは「苦労話」。

「成功話」とは違うんだよ。

ほとんどの人は、この2つをごっちゃにしてしまっているの。


実は、やりたいことを夢中でやると、楽しく楽しくて仕方なくなるの。

そして、うまくいく仕組みになっているんです。

これが本当の努力なんだよ。


もし今、あなたが仕事で苦労しているな、って感じているなら、その仕事を「おもしろいこと」に変えてしまおうよ。

楽しくする工夫をしてみるんです。


人間って、誰にでも平等に1日24時間があるよね。

その三分の一は、働いている。

人生の時間の三分の一をつまらなく生きていたら、もったいないよね。


「楽しく仕事をする」って思うことは、人生を楽しくする最速の方法なんだよ。

もちろん、働く中で、イヤな仕事はいっぱいあるかもしれない。

でも、そこから楽しみや喜びを見つけていく。

これが、人生がうまくいくコツなんです。


今やっている仕事の中で、知恵を出したり、イヤなことをおもしろくなるよう工夫したりする。

つまり、「仕事をゲームに変えてしまう」ことなんだよ。

ゲームにすると、上を目指したくなる。

そして上に行けば行くほど、どんどん楽しくなる。

そして、楽しくなると、成果はきちんと出てくるものなの。

さらに、仕事はお金を稼ぐことができるんです。


世の中の成功者は、どんなに大金を手にしても仕事を辞めないんだよ。

私もね、毎日遊んで暮らせるほどお金は持っているけど、仕事は辞められない。

人の役に立つものを考えて売るって楽しいよ。

ドキドキワクワクするし、自分も心が豊かになるからね。


『仕事と人生』SB Creative




現代は、人生100年の時代と言われる。

定年を60歳とすると、あと40年も残っていることになる。


「LIFE SHIFT(ライフ・シフト)―100年時代の人生戦略」(東洋経済新報)の中にはこう書かれている。

『人が長く生きるようになれば、職業生活に関する考え方も変わらざるをえない。

人生が短かった時代は、「教育→仕事→引退」という古い、3ステージの生き方で問題なかった。

しかし、寿命が延びれば、2番目の「仕事」のステージが長くなる。

引退年齢が70~80歳になり、長い期間働くようになるのである。

人々は、生涯にもっと多くのステージを経験するようになるのだ。』


学校を22歳で卒業したとすると、人生はその後の人生の方が圧倒的に長い。


「人生を楽しくする最速の方法」

それは、仕事を楽しくすること。

仕事を楽しくするには、仕事をゲーム化すればいい。

そして、ゲームだと思えば、仕事は苦労ではなくなる。

遊びのようなものになる。


本田静六氏はそれを「仕事の道楽化」と言った。

そして、人生の最大幸福は「仕事が道楽」だと思えることだ、と。


人生を楽しくする最速の方法を身につけたい。







■メルマガの登録と解除はこちらから
http://hitonokokoro.com/

■「人の心に灯をともす」のfacebookページです♪
http://www.facebook.com/hitonokokoro

■【人の心に灯をともす】のブログはこちら
http://ameblo.jp/hiroo117/

■Twitterはこちらから
https://twitter.com/hiroo117