人の心に灯をともす 3299 それでも、やり続けること

【それでも、やり続けること】3299



歯学博士、セラピスト、井上裕之氏の心に響く言葉より…


悩みを抱えている人の多くが、この世には「幸せな人」と「不幸せな人」がいると考えています。

でも、本当は誰の人生もアクシデントやトラブルの連続なのです。

もしもあなたが「自分だけが報われない」などと考えているとしたら、それはネガティブな思い込みに過ぎません。

どんな人にもバイオリズムの低い時はあるものです。

そして、誰の人生にもバイオリズムの高い時が必ず訪れます。


かつて、私も人間関係で悩んでいたことがありました。

歯科医でありながら、セラピストとして本を出版したり、講演を行ったりする私のことを快く受け入れてくれる人ばかりではありません。

今はそういう人がいても相手にしないと割り切っていますが、当時は「あの人はなぜ足を引っ張ろうとするのだろう?」「どうすれば理解してもらえるのだろう?」と不満や不安を抱えてうつうつとしていたのです。


そんなある日、信頼を寄せる人からこんなアドバイスを受けました。

「コップの中の透明な水に一滴のインクを落としたら、インクは水中でどんどん広がってすくい上げることはできなくなる。コップの水を元の状態に戻すためには、水を注ぎ続けて薄めていくしかないよね」と。


この場合、一滴のインクはネガティブな感情を意味します。

つまり、新しいことに目を向けることでネガティブな感情を少しずつ手放すことができると教えてくれたのです。

とはいえ、心をコントロールするのは簡単ではありません。

そこで、とっておきの方法をご紹介しましょう。


それは、「絶対に大丈夫だ」と、何はともあれ言い聞かせるというもの。

潜在意識に「大丈夫、問題は解決する」と刷り込めば、問題を解決するという目的に向かって意識が自動的に働き始め、良い結果を招きます。


自分の中のネガティブな感情に負けず、素直な心で淡々と歩み続けてください。

あなたの努力が報われる日はきます。

あなたの優しさが相手に伝わる日は必ず訪れます。

もう少しの辛抱です。


『がんばらなくてもうまくいく考え方』PHP研究所




マザー・テレサの有名な言葉がある。

『人はしばしば 不合理で、非論理的で、自己中心的です。 それでも許しなさい。

人にやさしくすると、 人はあなたに何か隠された動機があるはずだ、 と非難するかもしれません。 それでも人にやさしくしなさい。

正直で誠実であれば、 人はあなたをだますかもしれません。 それでも正直に誠実でいなさい。

歳月を費やして作り上げたものが、 一晩で壊されてしまうことになるかもしれません。 それでも作り続けなさい。

心を穏やかにし幸福を見つけると、 妬まれるかもしれません。 それでも幸福でいなさい。

今日善い行いをしても、 次の日には忘れられるでしょう。 それでも善を行いを続けなさい。

持っている一番いいものを分け与えても、 決して十分ではないでしょう。 それでも一番いいものを分け与えなさい。』


インクをたらした水を限りなく浄化するためには、きれいな水を足し続けること。

つまり、誰か他人から非難されたり、否定されたときには、自分の今信じていることをやり続けること。

それが…

「それでも、やさしくする」「それでも、誠実でいる」「それでも、作り続ける」「それでも、幸福でいる」「それでも、善を行い続ける」「それでも、分け与える」。


どんな理不尽な目にあっても…

それでも、やり続ける人でありたい。







■新メルマガの登録と解除はこちらから
http://hitonokokoro.com/

■「人の心に灯をともす」のfacebookページです♪
http://www.facebook.com/hitonokokoro

■【人の心に灯をともす】のブログはこちら
http://ameblo.jp/hiroo117/

★Google+始めました!
https://plus.google.com/b/115426645501816794861/