人の心に灯をともす 3387 13の未来地図

【13の未来地図】3387



角田陽一郎氏の心に響く言葉より…


わたしたちは、人類が今まで経験してきた歴史上の様々な変化の中でも、最大級の変化かも知れない、“なんだかよくわからない”変化に遭遇しているのです。

“なんだかよくわからない”変化とはなんなのか?

情報革命?

この情報革命とは、はたからみたら、これらは技術の進化です。

でも実はそれ以上に概念自体の進化なのです。

概念自体が変化してきていることにより、今まで社会で通用していた既存の構造=慣習、ライフスタイル、教育、会社、政治、経済といった様々なものがことごとく変化してきているのです。

このような今まで私たちが信じて疑わなかった様々な構造=フレームがことごとく変わってしまったら、一体どうなってしまうのか?

それを13の項目に分けてみました。


1. モノ→情報

社会の価値基準が、モノから情報へ替わる。

■搭乗券がなくても飛行機に乗れる、という進化

■なぜ情報革命は産業革命よりすごいのか?

■スマホは携帯電話の進化形ではない

■2018年、人類史上まれにみる維新が世界規模で起こっている


2. 肩書→タレント

肩書より自分の才能がウリになる。

■あらかじめ“人となり”を伝え合う社会

■すべての人がタレントになる時代がやってきた

■あなたはどんなタレントなのか?

■好きなことだけして生きられる、夢のように時代がやってくる

■AIの限界「フレーム問題」から逆算する

■AIはしょせん「ダメ社員」

■フレームを作ることが人間の仕事になる

■AIはポジティブに受け入れてしまえ

■天才にならなくていい。ただ好きなことをすればいい

■「大量」から「適量」に時代は移っている



3. 上司・部下→師匠・弟子

上司と部下の関係は、師匠と弟子の関係になればいい。

■「仕事」は「修行」になり、「上司と部下」は「師匠と弟子」になる

■自由とは休みたい時に休めることと同様に、働きたい人が存分に働けること

■優秀な人が定年でリタイアするのは社会的な損失


4.組織→バンド

会社の組織はバンドになる

■産業革命以来の組織は姿を変える

■組織か?個人か?いやバンドである

■固定メンバーが全員そろってステージに立つのが大原則

■どんな才能の持ち主も、一人では活動できない

■消費者はいなくなり、クリエイターだけの世界になる

■才能とはたくさんの「好きなこと」を見つける力


5.イデオロギー→ユーモア

人を束ねるものは、イデオロギーからユーモアになる。

■「イデオロギー」は「ユーモア」に変わる

■「ユーモア」という世界平和の感性に人は集う


6. 分析→情緒

分析の時代から、情緒の時代へ。

■才能は個人の感情が起点となって発揮される

■感情はデジタル信号に乗って伝わっていく

■情報技術が感情を拡張・解放した

■モノゴトの本質は、“感情”だ

■若者から失敗体験を奪ってはいけない

■“遊び”がある会社が成功する


7.思考→身体

頭で考えるより、身体で感じることが価値を生む

■「シンギュラリティ」における人工知能のIQは10000

■身体性が人間にとって最大のアドバンテージだ



8. 広告→告広

ウソばかりの「広告」は、いいものだけが広がる「告広」に変わる

■「告広」とは強烈な思いを伝える活動

■情報を広げるには“怨念”クラスの思いが必要

■広告は廃れ、ドキュメンタリーが見直される


9. 知識→知性

知識の量を誇る時代から、情報の真偽を見極める知性の時代へ。

■年代というレッテルを貼るのはやめる

■人の知性を軽視する人は、知性に反逆される

■あなたは違うことは違うと言える人ですか?


10. お金→信用

お金よりも信用が重視されるようになる。

■信用さえあればお金はいらない

■情報があればモノだっていらない

■情報は経済の概念を変える

■お金のために働く時代は終わり、物々交換の世の中になる

■仮想通貨の誕生で人はもうお金のために働かなくなる


11. 消費→体験

モノを使い捨てる時代から、コトを体験する時代へ。

■大量生産、大量消費に代わる経済モデルとは?

■メルカリが流行する本当の意味

■「大量消費」は「適量体験」になる


12. デジタル→アナログ

デジタル化が進むほどにアナログに価値が生まれる

■デジタルはまだアナログに追いついていない

■「VR」から「AR」、そして時代は「RR」へ

■映画「スターウォーズ」のような社会が到来する


13.フレーム→ヴォルテックス

「フレーム」から「ヴォルテックス」へ。

■人の「〇〇したい」を叶える組織

■宇宙を渦を巻いて動いているという事実

■天動説から地動説、そして旋動説へ

■すべてのものが刻々と形を変える社会

■フレームがなくなればいいモノを自由に作れるようになる

■コンテンツはフィールドになり、フレームはヴォルテックスになる


『13の未来地図』ぴあ




本書の中の2に、AIの限界「フレーム問題」から逆算する、という言葉がある(以下本書より抜粋)。


フレームを直訳すると「枠」の意味だが、次の3つに要約される。

1. 人工知能は与えられた問題しか解けない。

2. 人工知能は問題を創り出せない。

3. 人工知能は問題から外に出られない。

つまり、フレーム(枠)を超えた視点で問題を俯瞰することができない、ということ。


これの「人工知能」を「ダメ社員」に置き換えると…

1. ダメ社員は与えられた問題しか解けない。

2. ダメ社員は問題を創り出せない。

3. ダメ社員は問題から外に出られない。


となり、これから必要となるAI時代の人材像が浮かび上がってくる。


これからの時代を生き抜くためには、今まで連綿として続いてきた勉強の方法や、必要とされる知識や情報を根本から変えていかなければならない。

歴史上最大級のこの大きな変化を乗り切りたい。







■メルマガの登録と解除はこちらから
http://hitonokokoro.com/

■「人の心に灯をともす」のfacebookページです♪
http://www.facebook.com/hitonokokoro

■【人の心に灯をともす】のブログはこちら
http://ameblo.jp/hiroo117/

■Twitterはこちらから
https://twitter.com/hiroo117