人の心に灯をともす 4591 世の中で起こることは、すべて必然

【世の中で起こることは、すべて必然】4591



舩井幸雄氏の心に響く言葉より…


◆世の中で起こることは、すべて必然

世の中で起こることは、すべて、必然的に起きています。

失敗も例外ではありません。

運が悪い、たまたま悪い偶然が重なってしまったという見方がありますが、それは、ことの必然性を自分が認識していないだけであって、本当は、すべて起こるべくして起こっているのです。

さらにいえば、これもサムシング・グレートの采配(さいはい)です。

失敗しなければ、失敗しないための工夫も生まれません。

つまり、サムシング・グレートは、私たちに失敗から何かを学ばせるべく、あえて失敗をさせるようです。

(「本物」になるクセづけ)より



◆まずは肯定し、必然だと思うこと

たとえ身を切られるほど悲しいことでも、まずは肯定し、必然だと思ってみることです。

そのうえで、全身全霊をかけてことにあたり、よき未来を確信するようにしていれば、自ずと道は開けていくもののようなのです。

(「本物」になるクセづけ)より



◆悪いことはよくなるために起きる

世の中に生起することはすべて必要必然です。

工業化社会がもたらした矛盾も必要だから起こったことだし、近代の行き詰まりも、景気の低迷や地価の下落も、すべて必要必然のことだといえます。

悪いことはよくなるために起きるといってもいいでしょう。

ただし、その「よくなるようにできている」システム=天地自然の理を作動させるには、人間がいのちのはたらきに素直に耳を傾け、その原理に沿って生き直すことを始めなくてはいけません。

(百匹目の猿)



◆自分に起こることは、自分が源泉

私は、自分に起こることは、すべて自分が源泉だと考えています。

そう思えば、状況を変えるには自分が変わればいいだけですから、すぐに対策を考えられます。

(「本物」になるクセづけ)



『未来を変えるクセづけ』海竜社
https://amzn.to/3anOPvY






世の中で起こることは、振り子のようなもので、右に大きく振れたら、左に大きく戻る。

悪いことが起きたら、いいことが起こるということ。


「起こることは、すべて必然、必要」だと思うことは、すべてを肯定し受け入れるということ。

「なるほど、そうなんだ」と納得すること。


また、逆にいいことが起きた時は、その「福」や「幸」を散じることをすること。

幸田露伴はそれを「幸福三説(惜福、分福、植福)」と言った。

●「惜福」とは、その「福」を使い尽くしてしまわないこと。

成功したとしても有頂天になったり、傲慢にならず、謙虚であることであり、出しゃばったり、あえて自ら目立ったりしないこと。

●「分福」とは、自分の福を独り占めしないで、人に分け与えること。

●「植福」とは、将来のため、後世のために、自分の福の種を蒔いておくこと。

福の種とは、謙虚になってさらに、勉強したり、新たなことを研究したりすること。


世の中で起こることは、すべて必然、必要なことと、肯定し、すべてを受け入れ…

肚をくくり、覚悟を決め、淡々として、ことにあたりたい。






■メルマガの登録と解除はこちらから http://hitonokokoro.com/

■「人の心に灯をともす」のfacebookページです♪http://www.facebook.com/hitonokokoro

■【人の心に灯をともす】のブログはこちらhttp://ameblo.jp/hiroo117/

■Twitterはこちらからhttps://twitter.com/hiroo117