人の心に灯をともす 4811 二つ話して、八つ聴く

【二つ話して、八つ聴く】4811



三枝理恵子氏の心に響く言葉より…


欲しい情報はいつでもどこでも手に入る現代。

一方で、コミュニケーションを苦手と感じる人が増えています。

自分の関心のない情報にも耳を傾け、人間関係を温める、そんな傾聴のコツをお伝えします。



1.《じっと我慢》

二つ話して、八つ聴く。このバランスを心得ていれば、コミュニケーションは円滑になります。

ほとんどの人がしゃべりすぎ。

つい、話の途中で口をはさみたくなるものです。

じっと我慢をして聴くことから始めてみましょう。


2.《真意をくみ取る》

「聴」を分解すると「耳」「目」そして「心」。

人の話は耳だけでなくて「目」で相手の表情、ジェスチャーを観察しながら、また「心」を動かしながら「本当はこの人は何を言いたのだろう」と言葉になっていない部分があることを意識し、相手を理解しようと努めること。

簡単ではありませんが、努力すれば真意もくみ取れるようになります。


3.《感情を共にする》

話を聴くと、ついアドバイスしたり、意見をはさみたくなるもの。

まずは受け容れましょう。

「自分を認めてくれている」「わかってくれている」と感じると、心が開き、 親しみを感じます。

目を見て「そうなんですね」「いいですね」と相づちを打ちながらの共感を心がけると、人はもっと話したくなるものです。



◆《「でもね」と人の話を遮るような、バランスの悪い相づちは逆効果です。 感情を共にして、相手の呼吸に合わせて、心のこもった相づちを打ちましょう。》


◆《聴き方のコツは「二つ話して、八つ聴く」》


『人間力のある人はなぜ陰徳を積むのか』モラロジー道徳教育財団
https://amzn.to/3oNcXyG






「陰徳陽報(いんとくようほう)」(淮南子・人間訓)という言葉がある。

「陰徳あれば必ず陽報あり」といい、人知れずよい行いをする(陰徳を積む)者には、必ず陽報、すなわちよい報(むく)いがあるということ。


しかしながら、陽報を求めてする陰徳は陰徳とは言わない。

こんな話がある。

1500年以上前のこと、達磨大師は王宮に招かれ、国王である武帝から質問された。

「私はこれまでたくさんの寺院を建立したり、寄進をしてきた。果たして私にはどんな功徳(くどく)があるのか?」

達磨大師はひとこと「無功徳(功徳はない)」と答えたという。

良い報いを期待して行う善行は善行とは言わないからだ。



仏教には、お金がなくてもできる「無財の七施(しちせ)」、という徳積みの実践がある。

その中に…

「眼施(げんせ)」(やさしいまなざしで人に接する)

「和眼施(わがんせ)」(いつも和やかに、穏やかな顔で人に接する)

「言辞施(ごんじせ)」(やさしい言葉で接する)

「心施(しんせ)」(自分以外のものために心を配る)

というものがある。

まさに、人の話を聴く「傾聴の姿勢」を表したものだ。


傾聴の実践を重ねる人でありたい。






■メルマガの登録と解除はこちらから
http://hitonokokoro.com/

■「人の心に灯をともす」のfacebookページです♪
http://www.facebook.com/hitonokokoro

■【人の心に灯をともす】のブログはこちら
http://ameblo.jp/hiroo117/

■Twitterはこちらから
https://twitter.com/hiroo117