人の心に灯をともす 5232 好きなことのために、好きではないことをしよう

【好きなことのために、好きではないことをしよう】5232



中谷彰宏(あきひろ)氏の心に響く言葉より…


《成功する人は、好きなことのために、好きではないことを平気でできる。》


成功している人は、好きなことだけしてうまくいっているように見えます。

その人の著書には、「好きなことだけしなさい。自分も好きなことだけしてきた」 と書いてあります。

まったくその通りです。


一方で、誤読も生まれる、罪つくりな文章です。

読んだ人は「あの人は好きなことだけして生きている」というイメージを持ってしまいます。

出版社がつけた「好きなことだけして生きる」というタイトルを見て、読み手はそれを全文として読んでしまいます。

しかも、自分に都合のいいところだけ読むのです。


冒頭に、「自分は好きなことだけして生きてきた。成功するには好きなことだけしなさい」と書いてあります。

編集者は、そのほうが本が売れると思ってそういう構成にしています。

読み手は「そうか」と納得して、後のめんどくさいところは読み流してしまうのです。


読み間違えるのは、読み手の自己責任です。

大切なのは、本の読み方です。

読者は、ついくじけて、都合のいいところだけ読みたくなります。

私も本が好きです。

私は読み方からアドバイスしたいのです。


「好きなことだけしなさい」というのは、「好きなことだけ目標にしなさい」という意味です。

「そのために、どんなに好きでないこともしろ。私はそうしてきた」という下の句が欠けているのです。


成功している人は、1つの好きなことをするために、嫌いな99のことをしてきました。

ただ、それを忘れてしまっているだけです。

1つの好きなことのためなら、たとえ9999の嫌いなことがあっても、平気でできるのです。

「あの人だって好きなことしかしていない。ああいうお店に行ったり、ああいうレストランで食べたり、ああいうバーで夜な夜な仲間と騒いでいたらうまくいくんだな」と思ってマネしても、うまくいかないのは当たり前です。


成功している人は、好きなことを目標にしています。

そのためには、イヤなこともまったく苦になりません。


成功談を人に語る時は、「好きなことだけしてきたよ」というひと言になります。

成功者からアドバイスをもらう時は、隠された下の句を読みとることが大切です。

行間を読みとる力が必要になってくるのです。


《好きなことのために、好きではないことをしよう。》


『人とは違う生き方をしよう』秀和システム
https://amzn.to/3QUYo9U





嫌なことをすぐに忘れられる人と、それをずっと引きずってしまう人がいる。

嫌なことを引きずらない人は、「レジリエンス」が高い。

レジリエンスとは、トラブルや困難に対する耐性が強いことをいう。

ストレスに対して回復力や復元力がある、ということでもある。


レジリエンスが高い人は、嫌なことがあってもすぐに忘れて、いいことだけを覚えている。

苦労したことなど、すっかり忘れているのだ。


「好きなことだけして暮らす」という言葉の表面だけを見て、「なるほど、これから好きなことだけやって暮らしていこう」と思う人は、言葉の裏を読み取れないあまりに単純な人だ。

努力も、嫌なこともせず、楽しいことや好きなことだけやって大成功する、などということはまずありえないからだ。


文中に「失敗が多いことが、好きなことだ」という言葉があった。

一度失敗しても、何回も何回もトライすることが本当に好きなこと、だという。

常にトライして、安全パイを狙わないからこそ失敗が多い。

だが多くの人は、成功していることが好きなことだと思ってしまう。


だからこそ、成功する人は、好きなことのために、好きではないことを平気でできる…

「好きなことのために、好きではないことをしよう」という言葉を胸に刻みたい。






■メルマガの登録と解除はこちらから
http://hitonokokoro.com/

■「人の心に灯をともす」のfacebookページです♪
http://www.facebook.com/hitonokokoro

■【人の心に灯をともす】のブログはこちら
http://ameblo.jp/hiroo117/

■Twitterはこちらから
https://twitter.com/hiroo117