人の心に灯をともす 4666 オール・サポーティング・オール

【オール・サポーティング・オール】4666



立命館アジア太平洋大学学長、出口治明氏の心に響く言葉より…


《日本もオール・サポーティング・オールへ向かう》


今の日本の社会は、若者が高齢者を支える (ヤング・サポーティング・オールド)仕組みになっています。

昔は若者10人以上で高齢者一人を支えていましたが、今は騎馬戦 (2~3人で一人を支える)になって、これからは肩車(一人が一人を支える)に向か うことになります。

これではとても高齢者を支えきれないというロジックです。

年金が破綻するという俗説を声高に主張している人も、このロジックに乗っています。


ところで、みなさんはどう思いますか?

高齢者は大切だから仕方がな い のでしょうか。

人間の場合、高齢者には経験を生かして若者に助言をするという役割があります。

だから、ほかの動物と違って高齢者が大切にされてきました。


動物の世界では、若い動物が年老いた動物の面倒を見ることは、まずありません。

次代を担う子どもたちのほうが、はるかに大切だからです。

子どもより年老いた動物を優先していたら、群れ全体が滅んでしまいます。

人間でも洋の東西を問わず、沈む船から 降ろしたボートに乗る順番は、子ども、女性、男性、高齢者となります。

そうしないと子孫が絶えてしまうからです。


そもそも「ヤング・サポーティング・オー ルド」という考え方は、人口ボーナス期(子どもや高齢者の数に比べ働く世代の割合が 増え、経済成長が後押しされる期間)かつ高度成長期の産物です。

少子高齢化が進んだEUでは、20年以上も前に「オール・サポー ティング・オール」の考えに切り替わっています。

つまり、年齢を問わず(年齢フリーで)みんなで社会を支え、シングルマザーなど困っている人に給付を集中すればいいという考え方です。


「ヤング・サポーティング・オールド」なら、働いている若者から所得税を取り、住民票で年齢をチェックして敬老パスを配ればいいという考え方になります。

これに対して、「オール・サポーティング・オール」なら、消費税を基幹として、みんなで負担し、マイナンバーを整備して、困っている人に給付を集中しようという発想になります。

若者が高齢者の面倒を見るという高度成長期の考え方よりは、年齢を問わずみんなで 消費税を負担して、一部の困っている人を助けるという「オール・サポーティング・オー ル」のほうが、はるかに理に適っていることがわかると思います。


政府のそもそもの役割は、みんなからお金を集めて必要な人に分配するということで した。

その原理原則から考えても、「オール・サポーティング・オール」のほうが、は るかに自然なのです。


日本老年医学会などの専門家は、今の75歳は一昔前の65歳とほぼ同じ体力を有していると指摘しています。

そうであるなら、 生産年齢人口の上限を、少なくとも75歳まで引き上げるのは、ごく当たり前のことでしょう。

また、日本は世界で最も高齢化が進んだ国ですが、このことは見方を変えれば、始皇帝(しこうてい)が望んだ不老長寿という人類の理想を具現化しつつある国だということも可能です。

豊かな長寿社会を楽しむには、健康であることが何よりも重要です。

健康寿命を伸ばすには、働くことが一番です。


欧米に寝たきり老人はほとんどいません。

『欧米に寝たきり老人はいない』(中央公論新社)という本が出版されています。

わが国の政策としては、定年を廃止して、働きたい人がいつまでも働ける社会をつくっていくことが肝要です。

第一、年齢により一律に解雇される定年制度は、世界中どこにもな い のです。

定年制というガラパゴス的な慣行さえ捨て去れば、つまり年齢フリーで考えれば、日 本の未来はかならずしも暗いわけではないのです。


『「おいしい人生」を生きるための授業』PHP研究所
https://amzn.to/3xecZm3






「オール・サポーティング・オール」とは、生涯現役で働き、年金の世話などにならず、また、病気にもならず、寝込まずに、元気のまま長生きし、苦しまずにスパっとあの世に行こう、ということだ。

それを「ピンピンコロリ」という。


「生涯現役こそ最高の年金」と社会教育家の田中真澄氏はいう。

また、氏はこう語る。

『人生は未完に終わるもよし。仕事の途中で天寿を全うする、これが最高の人生』


仕事を金儲けの手段、と考えている人は、手っ取り早くお金をためて早くリタイアしたい、と思うかもしれない。

しかし、人に喜ばれお役にたつためにするものが仕事、と考えている人は、人生最後の瞬間まで仕事をやめることはない。


生涯現役の人は…

いくつになっても、「好奇心」「夢」「感謝」「学び続ける」「チャレンジ」「ユーモア」「笑い」等々を持ち続けることができる人。

そして、誰かの役に立ちたい、誰かに喜んでもらいたい、と思い続けることができる人。


生涯現役の人生を歩みたい。






■メルマガの登録と解除はこちらから
http://hitonokokoro.com/

■「人の心に灯をともす」のfacebookページです♪
http://www.facebook.com/hitonokokoro

■【人の心に灯をともす】のブログはこちら
http://ameblo.jp/hiroo117/

■Twitterはこちらから
https://twitter.com/hiroo117