人の心に灯をともす 4729 人の話をさえぎらない

【人の話をさえぎらない】4729



ボブ・バーグ氏の心に響く言葉より…


人を動かす達人は相手の話を途中でさえぎるようなことをしない。

だから、もし人を動かす達人になりたいのだが、相手の話をさえぎるクセがあるなら、今すぐにそのクセを直すべきだ。


「じつを言うと、これは長いあいだずっと私の悪いクセだった。

しかし、その破壊的な性質を理解したとき、すぐにこのクセを直す決意をした。

どうやって?

練習をたくさん積んだのだ。


私はすべての会話で相手の話をさえぎらないことを目標にした。

そして、電話やパソコンを含めて家中の目につく場所に「相手の話を黙って最後まで聞くこと」と書いた付箋紙を貼った。

うまくできたときもあれば、できなかったこともある。

しかし、何度も練習をしているうちに、相手の話をめったにさえぎらなくなった。

おかげで、私のこのクセはほとんど過去のものとなった。


今でもときおりしてしまうことがあるが、そんなときはそれに気づいて、すぐに謝るようにしている。

そうすることによって自分のミスを認め、相手の立場を尊重していることを示し、会話の中でそれを繰り 返さないようにすることができる。

あなたも私と同じことをするといい。

努力するだけの価値は十分にある。


相手の話をさえぎることほど、自分のコミュニケーション能力を損なうものはないといっても過言ではない。

相手はイライラし、不快感を抱き、腹を立てるから、あなたの意見を聞き入れようとしなくなる。

また、相手があなたに好意を抱く可能性も低くなる。


相手の話をさえぎるクセを直せば、周囲の人はあなたの聞く力を高く評価するだろう。

以前、私は「聞き上手ですね」とほめられたことは一度もなかった。

しかし、この悪いクセを直して以来、よくそうほめられるようになった。


『敵を味方に変える技術』ディスカヴァー
https://amzn.to/3DICf7I





自分が気分よく話している途中、人に話をさえぎられて、気分が悪くならない人はいない。

「あなたの話はつまらない」「もう話さなくていい」というメッセージを感じてしまうからだ。


話をたびたびさえぎって、自分の意見をかぶせてくる人は、「この人は話を聞かない、自己中心的で、自分勝手な人だ」と思われる。

自分の意見ばかりいう人は、自律していない、自己コントロールできない人でもある。

つまり、幼児性が抜けない人。


また、人の話を聞かない人は、自慢話をしたり、過去の成功体験を長々といったりする。

自分の方が上だ、自分の方がよく知っている、とマウンティングする人に多い。

人から学ぼうとはしない謙虚さのない人でもある。


自分をセルフコントロールし…

人の話をさえぎらない人でありたい。





■メルマガの登録と解除はこちらから
http://hitonokokoro.com/

■「人の心に灯をともす」のfacebookページです♪
http://www.facebook.com/hitonokokoro

■【人の心に灯をともす】のブログはこちら
http://ameblo.jp/hiroo117/

■Twitterはこちらから
https://twitter.com/hiroo117