人の心に灯をともす 4735 世界一有名な北九州の寿司屋

【世界一有名な北九州の寿司屋】4735



渡邉貴義(たかよし)氏の心に響く言葉より…


照寿司が世界一有名な寿司屋になれたのには、SNSの存在がとても大きい。

僕が Facebook を始めたのは2012年 です。

その頃は、まだカウンターも今のような形に改装をしておらず、どうやら最近 Facebook なるものが世界で流行っているらしい、ということで、何も考 えずに仕入れた魚やお酒の写真をあげたりしていました。

最初の投稿には「いいね!」が2つ、ついたのを今でも覚えています。

それが今ではFacebookやInstagramを見て世界中からお客様が来てくれています。


2015、2016年あたりから、照寿司に来てくれたお客様が、照寿司をタグ付けしてくれるようになったのです。

最初は何だか気恥ずかしい気持もありましたが、次第にそれもなくなり、いつしか Facebookにあげるのは食材の写真から自分の顔になっていきました。

うまく時代のツールを利用したといいますか。

でも集客をするために何か新しいツールや仕組みが出てきたのなら、とりあえずやってみた方がいいというのが僕の考えです。


照寿司も最初はFacebookだけでしたが、そのうちInstagramなるものが 出てきて、FacebookよりもInstagramに写真をあげるようになってから爆発的に人気が出ました。

照寿司の寿司が自分の顔と一緒に一枚の画角に収まったことにより、いわゆる写真「映え」したことと、Instagram がほぼ写真だけで見せる形態のSNSだということがうまくリンクしたからです。

今では照寿司の Instagram の写真を見て、世界中からお客様が来てくれていますし、逆に日本中、世界中のさまざまな著名人、お寿司屋さんから子ども までが、僕のあのポーズをまねた写真を撮って Instagram にあげています。


照寿司のお客様のほとんどが初めての方です。

みなさん世界中からInstagramを見て僕に会いに来てくれます。

もちろんお寿司も食べてみたいけど写真も撮りたい、そんなお客様がほとんどです。

ですから、8人での貸切のお客様がいらしたとしたら、1人が代表して写真 を撮ればいいのではないんです。

全員それぞれが自分のスマホで撮りたい。

全員が思い出として自分のスマホに写真を残したい。

あとから LINE で共有ではダメなんです。

僕が寿司を出してるのをみんな撮りたいんです。

ですから、僕もお客様一人 一人が自分の席で写真をしっかり撮れるように、ゆっくりポーズをとりながら お客様の手の平に寿司を置いていきます。


こうなるともうお客様が体験するショーです。

Facebook を始めたころから比べると、そんな時代が来たことに、本当に自分でもびっくりしています。

8年前にガラケーからスマホに変えたタイミングでFacebookを始めて、約3年半、5年前からInstagramを始めました。

5年前というのは徐々にInstagramが流行りだした頃です。

Instagramの流行とともに、照寿司も一気に駆け上がったと言っていいと思います。

それまで、世界中のどこを探してもこんな寿司屋がなかったので、本当にタイミングが良かったのではないでしょうか。


『自己流は武器だ。』ポプラ新書
https://amzn.to/3zZs0JL





渡邉貴義氏は北九州市戸畑区にある照寿司の三代目だ。

照寿司は、「世界一有名な寿司屋」と呼ばれ、2019年にはニューヨークタイムズ紙の全面を飾った。

インスタのフォロワーは15万人。

今では、世界中からお客様がくるが、本人は地方のホテルの和食に何年か勤めたことがあるだけで、有名な寿司店で修業したわけではない。

大学まで柔道をやっていたが、ずっと4年間、補欠だったという。


地元に帰り、父親の経営する照寿司に30歳で入ったが、何か目立った技術や知識があるわけでなく、どうしたらいいのかと悶々としていたという。

ただ、何年かするうちに、地域の有力な魚屋さんとの出会いがあり、「こんなに鮮度のいい素晴らしい魚があるのか」と驚き、自分にスイッチが入った。

そこから素材や寿司に関する勉強が始まったという。

そして、それらの気づきや驚きをSNSで発信し続けた。


店内もカウンターだけに改装し、価格も徐々に上げ、現在は1人3万円。

劇場型で体験型の店舗を実現した。

その中で生まれたのがインスタで有名になった渡邉氏のポーズ。

頭を坊主にし、睨みつけるような格好で、寿司をお客様の手の上に出す、という衝撃的なものだ。


今、子どものなりたい職業の上位(2位)がYouTuberなどのネット配信者だという(2020年、学研教育総合研究所の小学生白書)。

SNSの力により、10年前には存在しない職業が出現し、しかもそれが人気職種となっている。

そして、飲食のシェフに限らず、昨今出現しているのが、カリスマ職業だ。

美容師、アパレルなどのカリスマ店員、塾の有名講師、YouTuber、ブロガー、そして昔からある、スポーツ選手、芸能人やタレント等々。

いずれの職業もSNSの力を最大限に利用している。


一見すると、昔からあるようなありふれた職業に就いている人が、SNSによってまるでタレントのように脚光をあびる。

SNSは、フォロワーの幾何級数的な増加により、あっという間に世界的レベルになることもできる強力な武器だ。

これからの時代…

世に出ようと思うなら、SNSの使い方が鍵となる。






■メルマガの登録と解除はこちらから
http://hitonokokoro.com/

■「人の心に灯をともす」のfacebookページです♪
http://www.facebook.com/hitonokokoro

■【人の心に灯をともす】のブログはこちら
http://ameblo.jp/hiroo117/

■Twitterはこちらから
https://twitter.com/hiroo117