人の心に灯をともす 4968 善き人と交わろう

【善き人と交わろう】4968



北川八郎氏の心に響く言葉より…


『釈尊はいわれる

毒を塗られた矢は、箭筒(やづつ)の中にある、毒を塗られていない矢をも汚す。

悪に汚れることを恐れて、悪人を友とするなかれ。

どのような友をつくろうと、やがて人はその友のような人になる。

だから、悪い友と交わるな。

卑しい人と交わるな。

善い人と交われ。

尊い人と交われ。』



人は失意と不遇の中にある時、どんな人と交わるかで、その人の人格や運が見えてくる。

またその人が順調な時、その人の周りの人でその人の運の先が見えてくる。

友はその人の心のレベルとめざすものに呼応して変わってくる。

人は同じ目つきの仲間と同じ服装の友と、輪をつくる。

良き友は、生きる上で最も大切なことの一つである。


次に、心を澄ませ、尊敬する人をつくるといい。

三人、尊敬する人を持つと、いつしか、その心と行いが自分の身に沁み入り、自分も尊敬される側に立っているだろう。

だから周りの人々に、自分に対する尊敬を求めなくていい。

ひたすら、快におぼれず、怒りなく、友のよろこびを祝ってあげられる人となれ。


両親を大事にする人となれ。

人にやさしくあれ。

老人にやさしくあれ。

弱い人を助けよ。



怒りのまま人生を送るなかれ......。

良き友を持て、良き友は宝である。

不正と利を追う狩人になるなかれ。

狩人はやがて自分が狩られる人になってしまうからだ。

これは法則なのだ。


アリストテレスはいう。「友人は第二の自分である」。

今つき合っている友を、少し離れて眺めてみるがいい。

その姿が、あなたなのです。

善き人からは、善きエネルギーがもらえその人は栄える。

悪しき友からは悪しきエネルギーをもらってしまう。


それで人を害し、その矢が自分に返ってきて自分の魂を傷つけ、やがて、自分のしたことに自分で苦しむようになってゆく。

心して、善き友を選べ......。

心して選べ。


善き友がいない時は独りで、本を読み、善き年上の人と語り、善意の輪の中に入ってゆくがいい。

きっとオーラが澄んでくる。

今の悪しき運も必ず向上してゆくだろう。


善い人と交われ。

思わぬ福が生じてあなたの人生が楽しくなるだろう。

尊い人と交われ。

あなたの人格と才能が輝き始め不安がなくなるだろう。



『あなたを苦から救う お釈迦さまのことば』高木書房
https://amzn.to/3OQz2IC






お釈迦さまの十大弟子の一人である、アーナンダがあるとき、お釈迦さまにこう尋ねたそうです。

「ともに仏の道を歩む善き友がいるということは、修行の半ばを達成したと思うのですが、如何でしょうか」

するとお釈迦さまは、こう答えたそうです。

「善き友、善き仲間がいるということは、修行の半ばではなく、修行のすべてなのだよ」


つまり、「誰と一緒に行くか」ということこそが、人生で一番大事なこと。

人生の旅においては、「どこへ行くか」よりも、「そこで何をするか」よりも大事だというのです。

逆にいうなら、一緒に行く人が善き仲間なら、どこへ行っても、何をしても(何もしなくても)、楽しいということです。


また、お釈迦さまは「尊敬」についてこう語っています。

『頭髪が白くなったからとて、尊敬できる長老ではない。

ただのむなしい老いぼれである。

真理あり、他者の害にならず、自ら清め、慈しみあって、そうしてはじめて、彼は心の垢を取り除いた賢者となり、年長者として尊敬される。』



年を重ねても、勉強してこなかった人は、ただのむなしい老人に過ぎない。

いくつになっても、自らを高め、魂を磨き続ける人こそ、真に尊敬に値(あたい)する人です。


尊敬する師を持ち…

常に、善き人と交わうことができる人でありたいと思います。






■メルマガの登録と解除はこちらから
http://hitonokokoro.com/

■「人の心に灯をともす」のfacebookページです♪
http://www.facebook.com/hitonokokoro

■【人の心に灯をともす】のブログはこちら
http://ameblo.jp/hiroo117/

■Twitterはこちらから
https://twitter.com/hiroo117