人の心に灯をともす 4978 人生は「継続」

【人生は「継続」】4978



精神科医、ゆうきゆう氏の心に響く言葉より…


もし、あなたが「いつか成功したら、遊んで暮らせる」と思っているのなら...。

もうその考えからして、成功者やプロと「矛盾している」ことになります。

なぜなら、プロほど練習するからです。


同じように、ビジネスでお金を稼ぐことに成功している人ほど、より濃密にビジネスにのめりこんでいくものです。

アップルのスティーブ・ジョブズも、アップルの社長でなかった時期にも、さまざまな仕事を興しています。

成功者は、結局、常に毎日、何かをしています。

そしてだからこそ、成功できるわけです。

くどいですが、「成功したら、遊んで暮らせる」わけではないのです。



例えば、「宝くじで勝ったら、遊んで暮らせる」なんて考えているとしたら、それは間違い中の間違いというわけです。

結局、何より強いのは「継続」です。

あきらめず続けていくことが何より重要なのです。

仕事や勉強も同じです。

ある瞬間にサボってしまった...。

寝てしまった...。

しかしそれでも!

気にせず、ただ机に向かう!

これを行える人は、ちょちょっとうまくいった人よりも、最終的にずっと高い位置にいることができます。



何度も言いますが、人生は「継続」です。

どんなに劇的な勝利でなくても。

ものすごい額を稼がなくても。

ただ一定のものを継続して得られている人間が最高なのです。

立ち続けていることこそが、勝利なのです。


もちろん、行動できることがべストでしょう。

しかし、もしそれすらできないのなら、せめて「気持ちを持ち続ける」ことです。

気持ちさえも捨てたら、それは敗北なのです。


ステキな恋愛がしたい。

大学に合格したい。

仕事で成功したい。

内容は何でもいいんです。

ただその気持ちから逃げず、毎日「持つ」こと。

それは、どんな一瞬の大勝利より、ずっとずっと素晴らしいことなんですよ。



『やりたいことをぜんぶ実現する方法』海竜社
https://amzn.to/3ss5mYW






《打つ手は無限》という滝口長太郎さんの詩があります。

すばらしい名画よりも/とてもすてきな宝石よりも/もっともっと大切なものを/私は持っている/どんな時でも/どんな苦しい場合でも/愚痴は言わない/参ったと泣き言を言わない/何か方法はないだろうか/何か方法はあるはずだ(後略)…

というものです。

これは、継続ということにも当てはまります。

それは…

どんな時でも、どんな苦しい場合でも、「続ける」ということだからです。


それを本田清六翁は、「職業を道楽化」するといいました。

『人生の最大幸福はその職業の道楽化にある。

富も名誉も美衣美食も、職業道楽の愉快さには遠く及ばない。

職業の道楽化とは、学者のいう職業の芸術化、趣味化、遊戯化、スポーツ化もしくは享楽(きょうらく)化、であって、私はこれを手っ取り早く道楽化と称する。

名人と仰がれる画家、彫刻家、音楽家、作家などが、その職業を苦労としないで、楽しみに道楽としてやっているのと同様に、すべての人がおのおのその職業を、その仕事を道楽にするということである。』(本田静六 成功するために必要なシンプルな話をしよう/知的生き方文庫)より


「働くのが癖(くせ)のようになることだ」、と本田静六翁は言います。

癖のようになったら、自分の意思や感情とは関係なく、「継続」します。


「十年偉大なり、二十年畏るべし、三十年歴史なる」という言葉があります。

まさに、凡百の人間が、才能ある人々に伍して生きていくための、唯一の方法が「継続」ではないかと思うのです。


するとついには、「凡を極めて非凡に至る」ことができるのです。

『人生は「継続」』という言葉を胸に刻みたいと思います。







■メルマガの登録と解除はこちらから
http://hitonokokoro.com/

■「人の心に灯をともす」のfacebookページです♪
http://www.facebook.com/hitonokokoro

■【人の心に灯をともす】のブログはこちら
http://ameblo.jp/hiroo117/

■Twitterはこちらから
https://twitter.com/hiroo117