人の心に灯をともす 5000 おかげさま(5000号を記念して)

【おかげさま(5000号を記念して)】5000



藤尾秀昭氏の心に響く言葉より…


ラジオで聴いた若いOLの話である。

彼女の生家は代々の農家。もの心つく前に母親を亡くした。

だが、寂しくはなかった。

父親に可愛がられて育てられたからである。


父は働き者であった。

三ヘクタールの水田と二ヘクタールの畑を耕して立ち働いた。

村のためにも尽くした。

行事や共同作業には骨身を惜しまず、ことがあると、まとめ役に走り回った。

そんな父を彼女は尊敬していた。

父娘二人の暮らしは温かさに満ちて いた。



彼女が高校三年の十二月だった。

その朝、彼女はいつものように登校し、それを見送った父はトラクターを運転して野良に出ていった。

そこで悲劇は起こった。

居眠り運転のトレーラーと衝突したのである。


「彼女は父が収容された病院に駆けつけた。

苦しい息の下から父は切れ切れに言った。

「これからはお前一人になる。すまんなあ......」


そして、こう続けた。

「いいか、これからは“おかげさま、おかげさま”と心で唱えて生きていけ。そうすると必ずみんなが助けてくれる。“おかげさま”をお守り にして生きていけ」

それが父の最期の言葉だった。



父からもらった“ おかげさま”のお守りは、彼女を裏切らなかった。

親切にしてくれる村人に彼女はいつも「おかげさま」と心のなかで手を合わせた。

彼女のそんな姿に村人はどこまでも優しかった。

その優しさ が彼女を助け、支えた。

父の最期の言葉がA子さんの心に光を灯し、その光が村人の心の光と なり、さらに照り返して彼女の生きる力になったのだ。




また、本書に安岡正篤先生のこんな言葉がありました。


「一隅を照らす」という話に深く感応したのが、安岡正篤師である。

爾来(じらい)、 安岡師は「一燈照隅(いっとうしょうぐう)」を己の行とし、この一事を呼びかけ続けた。

「賢は賢なりに、愚は愚なりに、一つことを何十年と継続していけば、 必ずものになるものだ。

別に偉い人になる必要はないではないか。

社会のどこにあっても、その立場立場においてなくてはならぬ人になる。

その仕事を通じて世のため人のために貢献する。そういう生き方を考えなければならない」



『小さな人生論』致知出版社
https://amzn.to/3N6SEqO







「別に偉い人になる必要はない、愚は愚なりに、一隅を照らす人になればいい」

私の戒めの言葉です。


そして同時に、「おかげさま」という言葉をお守りとし、胸に刻みたいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私ごとになりますが、本日はブログ(メルマガ)を書き始めて、5000号となった記念の日です。

13年前の2009年8月24日から毎日書き続け、本日に至りました。

思い起こせばこの間、色々なことがありました。

東日本大震災、平成の終わりと令和の始まり、そして直近のコロナ禍、ロシアのウクライナ侵攻…等々。

中でも、東日本大震災のときは、ブログを続けるべきか止めるべきか、真剣に悩みました。


「十年偉大なり、二十年畏るべし、三十年歴史なる」という言葉があります。

まさに、凡百の人間が、才能ある人々に伍して生きていくための、唯一の方法が「継続」ではないかと思うのです。

東井義雄先生のおっしゃった言葉に「ほんものは続く、続けるとほんものになる」があります。

次の6000号に向けて、少しでも、ほんものに近づけるよう、毎日精進を重ねたいと思います。


また、始めた当時、ゼロだったフォロワーも、昨日の段階で、Facebookで2.1万人、amebloで1.8万人、blog配信で1万人、Twitterで8000人、YouTubeで2000人となり、他にLinkedIn、note、Facebook(個人)を毎日更新していています。

総計で約6万人の方々がフォローしてくださり、応援していただいています。

本当に感謝しかありません。

日頃の皆様のご厚情に心より御礼を申し上げ、5000号の挨拶とさせていただきます。


そして、みなさまに伏して…

「おかげさま」と心の中で手を合わせたいと思います。







■メルマガの登録と解除はこちらから
http://hitonokokoro.com/

■「人の心に灯をともす」のfacebookページです♪
http://www.facebook.com/hitonokokoro

■【人の心に灯をともす】のブログはこちら
http://ameblo.jp/hiroo117/

■Twitterはこちらから
https://twitter.com/hiroo117