人の心に灯をともす 5017 自分が成長すると、 出会う人も変わる

【自分が成長すると、 出会う人も変わる】5017



精神科医、越智啓子氏の心に響く言葉より…



《自分が成長すると、 出会う人も変わる》


人生という舞台では、私たち一人ひとりが「主役」です。

でも、舞台にいろいろな人、つまり個性あふれる脇役が登場することで、物語は面白く展開していくのです。

そして、私たちは人生という舞台でハプニングが起きるたびに、それを乗り越えることで成長していきます。

人間関係によってさまざまな感情を抱き、自分の内面と向き合うことで、私たちは自分の魂を成長させる機会を得られるのです。


私自身も母親との葛藤や闘病、結婚生活、仕事など、いろいろな場面ごとに多くの人と関わっていく中で自分を見つめ直し、少しずつ魂を成長させて人生を好転させることができました。

私たちの長い一生の間には、いろいろな時期があります。

一人で過ごす静かな時期もあれば、多くの人と関わる活動的な時期も訪れます。


人間の成長には、「内向」的に育まれるものもあれば、「外向」的に促されるものもあるのです。

子供を見ていると、一人でお絵かきしたり、本を読んでばかりいることもあれば、友だちとの外遊びが大好きになることもあります。

内向期は、情緒的な感性が養われる大事なときです。

そして、外向期には社交性が身につくのです。


大人になっても、内に向く成長期と外に向く成長期があります。

外に向かえば、 そこで出会う人たちとの交流が広がりますが、内に向かうときは心の深いところでつながり合える出会いがあります。

本や映画、芸術など、ふだんの生活では知りえない人生を表現した作品にふれることで、自分の内面を深く見つめて、感性を磨くことができるのです。


感性が豊かで充実した人ほど、会話が面白いものです。

よりよい人間関係を築くには、人と接するだけではなく、自分の内面を磨くことが大切です。

そのためには、自分なりの「得意ジャンル」をつくることをおすすめします。

高尚なことでなくても、かまいません。

日々、情報収集のアンテナを張っておき、気になる本やテレビ番組、映画などをチェックしておくのです。


感性を磨くには、「インプット」を増やすことです。

特に美しいものや感動的なものを意識して自分の中に取り入れていくと、感性が研ぎ澄まされていきます。

ある婚活中の三十代の女性がファッションばかり気にしていたので、小説や映 画、観劇などで内面を磨くことをすすめました。

アドバイス通りにしているうちに彼女は話題が増え、「君、意外に面白い人だね」とアプローチする男性が三人も現われたのです。

楽しくデートをして、ついにその中の一人と結婚したのでした。

本や映画、芸術にふれることで内面が磨かれて“内なる光”があふれ、彼女をより美しく魅力的に変えたのです。


《本や芸術で内面を深く見つめ、感性を磨く》


『自分のまわりに「ふしぎな奇跡」がいっぱい起こる本』王様文庫
https://amzn.to/3N7gi5R





人生で大事なことは…

「どこへ行くかよりも、誰と行くか」

「何をどこで食べるかよりも、誰と食べるか」

「何を話すかより、誰と話すか」


人生は、まさに「誰と一緒にいるか」で決まります。


つまらない人と一緒にいれば、つまらない人間になります。

ツイてない人と一緒にいれば、運はどんどん悪くなります。

暗い人と一緒にいれば、暗い人になります。

そして、素晴らしい人と一緒にいれば、素晴らしい人になります。


だからこそ、自分を磨くことが大事なのです。

自分が成長してステージが上がれば、上昇ステージの人と会えます。

悪い仲間と遊んでばかりいたら、下降ステージの人としか会えません。


「自分が成長すると、出会う人も変わる」という言葉を胸に刻みたいと思います。







■メルマガの登録と解除はこちらから
http://hitonokokoro.com/

■「人の心に灯をともす」のfacebookページです♪
http://www.facebook.com/hitonokokoro

■【人の心に灯をともす】のブログはこちら
http://ameblo.jp/hiroo117/

■Twitterはこちらから
https://twitter.com/hiroo117