人の心に灯をともす 5023 ノウイングとは

【ノウイングとは】5023



アンドウミフユ氏の心に響く言葉より…


“ノウイング”によって導かれていく世界があると知ること――それが、“ノウイング”を引き寄せるアンテナになります。

そのアンテナが立っていると、未来からのお知らせがきたときにピンときて、受け取ることができます。

本来はどんな人でもこのアンテナをもっているのですが、残念なことに多くの人たちのアンテナが錆ついてしまっているか、アンテナをもっていることにすら気がついていません。


なぜなら、子どもの頃に「これをやりたい!」と思っても親の教育方針によって抑え込まれてしまったり、気づいたことを口に出すと「よけいなことをいうな」と怒られてしまうといった経験を重ねるうちに、自分の気持ちのままに行動することにブレーキがかかってしまうからです。

自分が素直にやりたいと思ったことが否定され続けたり、気になる物事があっても頭で何かと理由をつけて、打ち消し続けたりしてしまうと、直感が降りてきづらくなります。

せっかくのアンテナが錆びついて使えなくなってしまうのです。


たとえば、次の類いのようなことを、あなたも経験してはいないでしょうか?


■以前からイタリアの建築物に興味があり、一度は行ってみたいと思っている。

本屋でイタリアを特集している雑誌を見つけて手にとった。

久しぶりに会った友人の妹がイタリアに留学しているそうで、一緒にイタリアに遊びに行かないかと誘われた。

とても行きたいけれど、あまりお金に余裕がないし、会社に有休申請するのも気が引けるので、またの機会にしようと思う。



■幼馴染(おさななじ)みが会社勤めをしながら小さな劇団を立ち上げた。

チラシつくりなどを手伝っていたら、ちょい役で芝居に出てもらえないかといわれた。

じつのところ、子どもの頃から女優に憧れていたので、とてもうれしかった。

でも、これまで演技の練習などしたことがないので自信がなく、けっきょく断ってしまった。



“ノウイング”は、自分との信頼関係によって成り立ちます。

たとえば、何度ランチに誘っても、「時間がない」「お金がない」とあれこれ理由をつけて断り続ける人がいたら、そのうち誘わなくなるでしょう。

同様にせっかく直感やひらめきが起きても、それに応えずにいると、やがて未来からのお知らせはこなくなってしまうのです。

ふだんから「ピン!」ときたことや「何か気になる」という感覚を無視せず行動に移していくと、自分との信頼関係のパイプは太くなっていきます。


『ノウイング 未来に導かれる生き方』サンマーク出版
https://amzn.to/3zZiNnQ





ノートルダム清心女子大学名誉教授・理学博士、保江邦夫(やすえくにお)氏も、量子力学的に言うと、「未来と過去が今を決定する」といいます。

つまり、過去の延長線上に今があるのではなく、未来から今が導かれているということ。

一般的には、「直感」とか「虫のしらせ」、「第六感」という不思議な感覚のことでもあります。


それを、「セレンディピティ」ともいいます。

セレンディピティとは、求めずして、ふとしたことで直感を得て、予想外の思わぬ幸運をつかみとる能力のことです。

幸運な偶然を手に入れることができる力でもあります。


ただし、未来からの電波を受信する電波が弱くなってしまうと、「直感」や「虫のしらせ」を受信しにくくなってしまいます。

普段から、講演会や勉強会、本や映画、あるいは人を紹介してくれる、というようなチャンスを断ってばかりいる人には、お誘いがだんだんなくなるのと同じで、直感や虫のしらせを無視してばかりいると、そのうち未来からのお知らせは来なくなります。

というより、お知らせは来ていても、気づく感性が弱くなってしまうということです。


大事なことは、ノウイングを引き寄せる感性のアンテナを立てること。

ピンときたことを無視せず、行動に移せる人でありたいと思います。





■メルマガの登録と解除はこちらから
http://hitonokokoro.com/

■「人の心に灯をともす」のfacebookページです♪
http://www.facebook.com/hitonokokoro

■【人の心に灯をともす】のブログはこちら
http://ameblo.jp/hiroo117/

■Twitterはこちらから
https://twitter.com/hiroo117