人の心に灯をともす 5026 目の前のできごとを淡々と受け入れる

【目の前のできごとを淡々と受け入れる】5026



小林正観さんの心に響く言葉より…


《宇宙のしくみは「成せばなる」とはなっていない》


なぜ人間は、自分がただ生まれてただ散っていくことを、受け入れられないのでしょうか。

それは、「成せばなる 成さねばならぬ 何事も 成らぬは人のなさぬなりけり」という言葉を、学校で教わったからかもしれません。


でも宇宙のしくみは、そうはなっていないようです。

自分でシナリオを書いて、シナリオのとおりに生まれてきたのなら、力を入れて人生に取り組む必要はありません。

ただ、目の前に起きたことについて、 感想・論評・評価をせずに、笑顔で「はい、わかりました」と受け入れていくことだけ。



子ども、妻、夫、舅、姑も、みんな受け入れるために存在しているのであって、戦って争って説得して、自分の思いどおりにするために存在しているのではありません。

私たちの人生での出来事全部に対して、笑顔で受け止められるように。

そのために、私たちはシナリオを書いてきたのではないか。

私たちは、ああじゃこうじゃと感想を言う必要はないようです。


『神様を味方にする法則』マキノ出版
https://amzn.to/3HVSv7Q







小林正観さんは、あるとき、50代の女性から相談を受けたそうです。


『「50年間、許せない人がいる」ということです。

それは、父親でした。

「どうしても許すことができないのですね」

「許せません」

「では、好きになることなんて、できませんね」

「絶対に好きになれません」

「では、最後にうかがいます。『感謝』することはできますか?」

彼女は10秒くらい黙っていましたが、その後、涙を流して、それから1時間ほど、泣き続けました。

ようやく落ち着き、最初に発したひと言は、

「感謝することはできます」

という答えでした。

人間は、50年間許すことができない相手にさえ、「感謝することができる」のです。

嫌いな人、許せない人、好きになれない人がいて、その感情を自分で抑えることができないのなら、許す必要はありません。

好きにならなくてもいい。

でも、「感謝することはできるか」を考えてみてください。

許せない人でも、3年間、感謝し続けたら、許せるようになるかもしれません。

6年間感謝し続けたら、好きになれるかもしれません。』(ありがとうの神様/ダイヤモンド社)より



「許せない」という気持ちを持ち続けることは、本当に辛いものです。

負の感情は、体や精神を痛めるからです。


「許す」ことはできないのに、なぜ「感謝」することができるのか。

それは、そのことによって、自分が成長できるからです。


「許す」ということは「受け入れる」ということです。

まさに、「子ども、妻、夫、舅、姑も、みんな受け入れるために存在している」ということです。



目の前に起きたことについて、 感想・論評・評価をせずに…

笑顔で「はい、わかりました」と受け入れていくことができる人でありたいと思います。







■メルマガの登録と解除はこちらから
http://hitonokokoro.com/

■「人の心に灯をともす」のfacebookページです♪
http://www.facebook.com/hitonokokoro

■【人の心に灯をともす】のブログはこちら
http://ameblo.jp/hiroo117/

■Twitterはこちらから
https://twitter.com/hiroo117