人の心に灯をともす 5047 お金の生み出し方

【お金の生み出し方】5047



今井孝氏の心に響く言葉より…


「会社で一生懸命働いても給料が増えない」ということで、自分の力で稼ぐことを目指す人も珍しくなくなってきました。

しかし、多くの人はなかなかうまく行きません。

時間をかけても微々たる収入にしかならないのです。


一方で、副業で月に100万円を稼ぐような人もいます。

彼らはいとも簡単に収入を増やしていきます。

いったいこの差は何なのでしょうか?

多くの人は、知識やスキルや経験の差だと考えます。

しかし、実際はそうではありません。

自分の力で収入を手に入れている人も、大半の人と知識やスキルや経験にはほとんど差がないのです。


私は、自分の好きなことを仕事にして、自由に生きていきたい方々の支援をずっとしています。

毎年100人以上の方が私のところに来られるのですが、皆さん、やりたいことはさまざまです。

アロマ、ヨガ、ピアノの先生、塾講師、料理教室、子どもの学習コーチ、カウンセラー、セラピスト、片づけコンサルタント、占い師、投資教室、ネットショップ運営、英語コーチ、画家、デザイナー、カメラマン、パーソナル トレーナー、整体師、ライター、ITサポート、動画編集、経営コンサルタント、製造業のコンサルタント、飲食店、パン屋など、さまざまな職業を目指す方が来られています。


20年以上、多くの方々の支援をしているうちに、ゼロから始めてお金が生み出せるようになる急所が見えてきました。

逆に言えば、そこを間違えているとなかなか芽が出ません。

その急所とは何なのか?

それは一言で言うと、稼げていない人はお金を受け取れない、ということです。


列えば、あなたが提供しようとしているサービスに、100万円を払ってくれる人がいたらどうでしょうか?

とても嬉しい気持ちになるでしょうが、反面、100万円を受け取ることに怖さも感じるのではないでしょうか?

一方で、成功する人は、10万円でも100万円でも自信を持って受け取れるし、実際にそういった値段をつけて商品やサービスを提供しています。


こんなことを言うと、「経験を積みスキルを磨けば自信がついて、お金が受け取れるようになるのでは?」と言う方もいらっしゃいます。

しかし、現実は違います。

資格を取り続け、学び続けてもまったくお金にならない人もいます。

また、細々と自分で仕事を始めたものの、何年経っても自立できるほどの収入を得られていない人も少なくありません。

ずっとスキルを磨き続けるだけでは十分に稼げるようにはならないのです。



あなたは、次の7つの「お金に関する思い込み」を持っていないでしょうか?

1.たくさんの人に買ってもらわなければならない。

☞最初から、たくさんの人に買ってもらうことを目指してしまうと、すぐに挫折してしまうことになります。商品の単価が高ければ、年間で10人か20人でも充分やっていけるだけの収入になるはずです。


2.すべての人に認められるものを提供しなければならない。

☞すべての人に認められる必要はありません。本当に必要な人だけ買ってくれればいいと割り切ることです。今のあなたが提供するものを高く評価してくれる人だけを相手にしましょう。


3.お金をもらったからには結果を100%出さなければならない。

☞もし、結果が100%保証されるなら、もっと高い金額をもらっていいはずです。逆に結果がでなければ返金するというのであれば、結果が出たら成功報酬を頂くという条件でないと見合いません。それは、結果を出すためには本人の努力が必要だからです。


4. 差別化しなくてはならない。

☞小さくサービスを始める段階では差別化は必要ありません。なぜなら、最初は地域の交流会やSNSで一人ひとりを相手にすることがほとんどだからです。初めから何十人も何百人も相手にするわけではないのですから。相手の懐(ふところ)に入れば、他の人と比べられることはありません。差別化を意識する必要はないのです。


5.ナンバーワンにならなければならない。

☞あなたは一番のものしか買わないだろうか?と自問してみてください。そんなポリシーを持っている人はいません。競合他社よりサービスが劣っていたとしても、同業者より経験が浅かったとしても、接客がおぼつかなくても、お客様が「それで良い」と言ってくれればそれで良いのです。


6.すごい人にならなくてはならない。

☞何億も売上のある起業家の方々や著書が100万部を超える作家の方々も、付き合ってみるとみんな普通の人です。目指すべきはスーパーマンになることではなく、凡人であっても成果が出るように工夫することです。


7.成功しなければ価値がない。

☞重要なのは価値には二つあるということです。一つは「人間的価値」。もう一つは「市場価値」です。市場価値とは相手が感じる価値であり、これは買う人の欲求の強さによって異なります。一方の人間的価値は自分で決めるものです。売上という市場価値が増えようが減ろうが、人間的価値は変わらないということを自分でしっかりと認識する必要があります。


お金を生み出す経験をしたことがなければ、このような思い込みを持ってしまう危険性があります。

そして、この思い込みを持っていると、お金を生み出すことがとてもつらくなってしまいます。

ですので、今までのお金の認識をゼロリセットして、ストレスのない、お金に関する正しい目標を持っていただきたいのです。



『誰でもできるのに9割の人が気づいていない、お金の生み出し方』幻冬舎
https://amzn.to/3ztc5G9






本書の中の目次にはこんな項目があります。

《ゼロから大きなお金を作っていく最短のステップ》

●人のサービスの手伝いをする(セミナー等の手伝いをして運営を覚える)

●モニター価格で提供してみる


《お金と満足感の関係》

●チャレンジできることが最高の喜び

●エンターテインメント性があるから続けられる

●挑戦する姿勢に勇気をもらえる

●自分を認められることが人生のゴール


人生100年時代になり、副業ということが多く言われるようになりました。

65歳で定年退職しても、年金だけでは到底やっていけない人生がその後35年も続くからです。


そのためには、会社に在職中から副業的感覚を身につける必要があります。

副業的感覚とは、会社以外の人脈をいかに多く作ることができるか、です。

そのためには、色々なコミュニティに顔を出し、自分の専門とは違った多くの人たちと会うことです。


人生は思わぬ出会いの連続です。

決まり切った人たちとばかり会っていたら、新しい「縁」と出会うことはありません。

そして、その新しい「縁」が、思わぬ「運」を運んできてくれるのです。


「お金の生み出し方」もまさに、その「縁」と「運」に大きく左右されます。

それがまさに、自分がやってこなかった新たなことにチャレンジすることです。


「チャレンジできることが最高の喜び」、という言葉を胸に刻みたいと思います。






■メルマガの登録と解除はこちらから
http://hitonokokoro.com/

■「人の心に灯をともす」のfacebookページです♪
http://www.facebook.com/hitonokokoro

■【人の心に灯をともす】のブログはこちら
http://ameblo.jp/hiroo117/

■Twitterはこちらから
https://twitter.com/hiroo117