人の心に灯をともす 4151 起こることは、すべて最高

【起こることは、すべて最高】4151




ひすいこたろう氏の心に響く言葉より…



インドの王様の、ある家臣は「これについて、おまえはどう思う?」と王様から聞かれると、必ずあるセリフを言ったそうです。

その結果、王様からたいへん信頼されました。

さて、その家臣のセリフとは?


ジャナカ王の家臣にアシュタバクラという者がいました。

その男は、王様から「これについて、おまえはどう思う?」と聞かれると、いつもきまって、あるセリフを言いました。


「起こることは、すべて最高でございます」


何が起きても、そう言われたら悪い気はしない。

その結果、彼は王様からとても信頼されました。

しかし、やがて、他の家臣たちが、アシュタバクラに嫉妬するようになり、ある日、王様が手にケガをしたとき、ワナにはめられてしまうのです。

家臣たちが、アシュタバクラに「王様がケガをされたことを、どう思う?」と聞いてきたのです。


これに対して「起こることは、すべて最高」と答えたら、王のケガを喜んでいるようにもとられます。

さあ、アシュタバクラどうする?

彼は答えました。

「起こることは、すべて最高でございます」


すぐに家臣たちは王様に告げ口をしました。

「王様!アシュタバクラは、王様のケガのことも最高と言っております」

怒った王様は、アシュタバクラを牢屋に入れてしまいました。


そして、王様が狩りに出かけたある日のこと。

王様は“人食い部族”に捕まってしまったのです。

その部族は儀式のときに人を生け贄(にえ)として火あぶりにします。

王が火あぶりになる直前、彼らは王の手にケガがあることに気づきます。

この部族には、傷ものは生け贄にできないというしきたりがあったので、「もうお前には用はない」と王様は放免されました。

無事に帰って来ることができた王は、アシュタバクラを出してあやまりました。


「わしが手にケガをしたのは、おまえの言う通り最高の出来事であった。どうすれば、この過ちをつぐなえるだろうか?」

アシュタバクラは言いました。

「もしも、私を牢屋に入れてくださらなかったら、私はいつも狩りでは王様の側から離れないので、いっしょに捕まっていたことでしょう。

そして、ケガをしていない私は、生け贄になっていたことでしょう。

だから、私は牢屋に入れていただいて最高だったのです」


王様はここで悟ります。

「人生で起きることは、本当にすべて最高なのだ」と。


アメリカの成功者たちへのアンケートを見ても、そのことがわかります。

彼らがあげた成功した理由のベスト3。

それは…。

「病気」「倒産」「失恋」でした。


あの病気のおかげで…。

一度倒産したおかげで…。

失恋したおかげで…。

すべて、いわゆる不幸ばかりです。

失望したくなるようなことばかりです。


しかし、彼らはこのツラい出来事を、「自分を深く見つめ直す機会」に変えて、生き方を改めたのです。

すると、災いは転じて福となったのです!

つまり、「失望」すら「希望」の一部なのです。


『犬のうんちを踏んでも感動できる人の考え方』祥伝社黄金文庫
https://amzn.to/3mjzwIS




舩井幸雄氏は、「起こることはすべて必然、必要」と言う。

『人生の悲喜こもごもさまざまな出来事は、実はすべて必要で必然です。

ですから目先の出来事の一つひとつについて、安易に正誤や善悪、幸不幸などの二元的な判断を下さないほうがいいようです。

楽しいこと、喜ばしいことはともかくとして、悲しいことやつらいことを必要、必然とはなかなか思いにくいものです。

しかし、生起した時点ではその意味がよくわからなくても、まず素直に受け入れ、じっくりと考えて、その後の事態の進展を注意深く観察すれば、それがいかに必要だったか、ベストだったかが必ずわかるはずです。

今よりもよくなる過程で起こった出来事と、すべてを認識したうえで、意味と理由を考えることに挑戦していただきたいと思います。

生起したことの意味が正しく理解できれば、次に何かが起こるはずか、あるいは何をなすべきか、が少し余裕を持って判断できるようになるでしょう。

心から感謝できる心境にまで到達すると、物事は急速に展開するものです。

生起した出来事の意味がわからなかったり、事後処理に追われている間は、目先のことに手一杯で、とても感謝どころではありません。

私の経験では自分にとっての本当の必要性が理解できて初めて、素直に感謝できるようになります。

必然で起こった出来事の必要性と、いかにベストであるかを早く見抜く力を、ぜひ日々養ってほしいのです。』(未来を変えるクセづけ―舩井幸雄の金言集/海竜社)より



なぜ、起こることがすべて必然で必要なのかというと、それはこの世の中は、必ずよくなる方向に進化しているからだという。

江戸時代の暮らしとくらべれば、今の我々の生活は、当時の殿様の数百倍便利になり、暮らしやすくなっている。

なにしろ、電気も車もなかったし、冷蔵庫も温水便座もないし、刀での切り合いもない。

平均寿命は格段に延び、医療も相当よくなっている。

つまり、進化しているのだ。


だから、今の決定が最善であり、最高で、ベスト。

「起こることは、すべて最高」


すべての起こることに対して、感謝の気持ちで接したい。







■メルマガの登録と解除はこちらから http://hitonokokoro.com/

■「人の心に灯をともす」のfacebookページです♪http://www.facebook.com/hitonokokoro

■【人の心に灯をともす】のブログはこちらhttp://ameblo.jp/hiroo117/

■Twitterはこちらからhttps://twitter.com/hiroo117