人の心に灯をともす 3658 無料で何かができる人

【無料で何かができる人】3658



西野亮廣氏の心に響く言葉より…


「ノベルティー」って知ってる?

あんまり聞きなじみのない言葉だよね。

ザックリ説明すると、企業が自社商品の宣伝を目的として、それらの名称を入れて無料配布する記念品のこと。


たとえば、起業家さん達が出しているビジネス書も、それ。

自社のサービスに繋がるようなビジネス書を書き、その本の印税を全て「広告費」に回し、一人でも多くの人に本を読んでもらい、自社の顧客獲得に繋げている。

厳密に言うとビジネス書を無料配布しているわけではないので、「ノベルティー」とは言い切れないんだけど、起業家は皆「無料配布しても構わない」と考えている。

ボクもそうだよ。


事実、ボクの前作「新世界」はネットで全ページ無料公開している。

印税が目的ではなく、「認知を拡げて、顧客を増やすこと」が目的だからだ。


ボクやビジネス書を書く起業家さん達は「作家」ではなく、「ノベルティー作家」と言える。

世の中には本の印税で生きている「作家」と、自社のサービスを書いた本の印税を宣伝費に回して、自社のサービスのお客さんを増やしている「ノベルティ作家」がいる。

こうなってくると「本業=メイン収入」としてしまっている「作家」さんは、かなり分が悪い。

(*作品の内容は個人の好みなので、それは一旦横において、ここでは収入面の話)


別に収入源を持っている「ノベルティ作家」は、印税から、自分自身の作品に「広告費」を出すことができる。

印税が収入源になっている「作家」は、自身の作品に「広告費」を出すことができない。

当然、世の中に広まりやすいのは、「ノベルティ作家」の作品だ。


これは何も作家さんに限った話じゃないよ。

たとえば、テレビギャラをメインの収入源にした「テレビに出なきゃ食っていけないタレント」と、「〇〇の宣伝になるのであればテレビギャラなんて1円も要らないですよ」と言えちゃう「テレビに出なくても食っていけるタレント」は、どっちが強いかな?

「より良い条件でテレビに出られるのはどっちか?」を考えると、おのずと答えは出てくる。


キミの収入源はどこだ?

キミの目的に対して、キミの収入源は今の場所で合っているか?


《「本業=メイン収入」という考えを捨てて、キミの「目的」に合わせて「メイン収入」をどこに置くか考えよう。》


『新・魔法のコンパス』角川文庫




堀江貴文氏は「ギブについて」こう語る。(バカは最強の法則)より

『大切なのは、「与える気持ち」だ。

今の時代、優れた情報は無料で手に入る。

ビジネスアイデアはいたるところに落ちているし、ロールモデルになる人も大勢いる。

これほど恵まれた環境が整っている社会で、「あなたは信用できる」という評価を得るためには、生半可な才能や知識は役立たない。

信用を得るためには、相手と「ギブ&テイク」という関係性を築くだけでは足りない。

「ギブ&ギブ」、おまけに「ギブ!」くらいの気構えが必要だ。

相手に惜しみなく与える。

見返りなど期待せず、相手の想像をはるかに超える何かを与えることこそが、信用を得る近道だ。』


つまり、メインの収入源のある人は、たとえば講演するにしても、講演料を取らずに無料で講演ができたり、勉強会の事務局運営をするにしても(銀行の顧客の会など)、会場費や運営費などを(銀行が)負担するので、会員の会費が無料か、少なくてすむ。

結局、ケチ臭くなく、いろいろなことができる。

だから、余裕があるから仕事で遊ぶことができる。


それは言い換えるなら、ギブすることによって、信用を買っている(得ている)ということ。

「無料で何かができる人」

ギブ&ギブを徹底し、余裕のある人生をおくりたい。








■メルマガの登録と解除はこちらから
http://hitonokokoro.com/

■「人の心に灯をともす」のfacebookページです♪
http://www.facebook.com/hitonokokoro

■【人の心に灯をともす】のブログはこちら
http://ameblo.jp/hiroo117/

■Twitterはこちらから
https://twitter.com/hiroo117