人の心に灯をともす 3778 出世のススメ

【出世のススメ】3778


角田陽一郎氏の心に響く言葉より…


今「出世」は「立身出世」の意味で使われることがほとんどです。

しかし、本来は「世を出る=仏門に入ること」を意味していました。

「出世」と「出家」は同じ意味だったのです。


2019年、元号が「令和」に変わりましたが、今、新しい時代を迎えたのは偶然ではない気がします。

人間本来の生き方も、20世紀の「大量消費を是とする資本主義」から新たなパラダイムへと急速に移行しつつあります。

社会にある既存の枠組みを「フレーム」と呼びますが、そのフレーム自体が大きく変わってきているのです。


今までの変化は、あくまで「フレームの中での変化」です。

でも、これからは「フレーム自体の変化」なのです。


そんな中、僕たちはどう生きるのか?

何を選択するのか?

僕は思うのです。

「出世」を立身出世ではなく本来の意味で捉える、すなわち「フレームから抜け出す」と再定義することが現代人に必要なのではないか…と。


これからは「自分というフレーム」に固執しないことです。

自分のフレームの中で考えず、移動しながら自分の思考のフィールドを広げていって、そこに渦ができたのならば身を任せ、巻き込まれてしまってもいいと思うのです。

あるいは自分が渦になって人を巻き込む。


これまでは、あるフレームの中で揺るぎない確信を持っている人が「頭がいい」と思われがちでした。

でも僕は、「いろいろなことが揺れまくるこのご時世、むしろ揺るぎない確信を持つ人ほど時代とブレるでしょ!」とさえ思います。

もうフレームはないのです。

人の渦(ヴォルテックス)はいたるところで発生します。

「渦の揺れに合わせて揺れまくる」くらいが時代の波に乗りやすいはずです。


『出世のススメ』日本実業出版社




角田氏は、『現代は「異常な生き方」が普通になる時代』、だという。

これほど、世の中の変化が激しいと、現状維持を目指している人は、あっというまに置いていかれ、浦島太郎状態になってしまう。

だから、人から見て、異常だとも思える生き方こそが、生き残る道となる。


「今までと同じことを繰り返して、違う結果を期待するのは狂気の沙汰」(大野百合子)

という言葉がある。

違う結果を出すには、「異常」「べらぼう」「とてつもない」「桁外れ」「異例」「へんてこ」「バカみたい」等々の「人と違った」を行動を起こすしかない。


人の生き方には大きくわけて二つあると思う。

一つ目は、子どもの頃からの夢を一心不乱になって努力し、それを実現するやり方だ。

イチローや、多くのアスリート、あるいはパイロットになりたいなどの夢の実現だ。

これが、角田氏のいう「揺るぎない確信を持つ人」。


もう一つは、「人から言われたことや頼まれたこと」などを淡々とこなしていく、という「渦に身を任せ、巻き込まれていく」生き方だ。

この生き方は、自分が思ってもみない方向にどんどん進んでゆく。

まさに、角田氏のいう「渦の揺れに合わせて揺れまくる」 からだ。


大変化の現代、「パイロットになりたい」という子どもの頃からの夢も、自分が大人になったときには、飛行機も自動運転でパイロット不要になるかもしれないし、飛行機そのものの概念も変わってくるかもしれない。

もちろん、そういう夢を否定する訳ではない。

しかし、これからは「渦の揺れに合わせて揺れまくる」 生き方の方が生き残りやすいのは確かだ。


それは、人からの頼まれごとを淡々とこなしてゆくという生き方でもある。

ただし、自分を高めていない人には、頼まれごとはやってこない。

ただ漫然と冗長に生きている暇な人に、頼む人はいないからだ。


「出世」をして、新たな生き方を見つけたい。






■メルマガの登録と解除はこちらから
http://hitonokokoro.com/

■「人の心に灯をともす」のfacebookページです♪
http://www.facebook.com/hitonokokoro

■【人の心に灯をともす】のブログはこちら
http://ameblo.jp/hiroo117/

■Twitterはこちらから
https://twitter.com/hiroo11