人の心に灯をともす 3947 嫌なことがあったら、「これはいいことが起きる前兆だ」と思い込む

【嫌なことがあったら、「これはいいことが起きる前兆だ」と思い込む】3947



志賀内泰弘(しがないやすひろ)氏の心に響く言葉より…



人生なんて、「つらいこと」「嫌なこと」「悪いこと」ばかり…ではありません。

「悪いこと」ばかりだったら、気が狂ってしまいます。

でも、なぜか、「いいこと」はすぐに忘れてしまうのに、「悪いこと」ばかりが強く印象に残ってひきずってしまうのです。


これは、人間の遺伝子、つまりDNAがそうさせているのです。

一説では、人のすべての行動は、DNAに左右されていると言われています。

それは、子孫を残すためです。

ウィルスや菌、天敵となる動物から身を守るための本能的な働きなのです。


なぜ、「悪いこと」ばかりが心に残ってしまうのか。

それが、人間にとって、プラスのことなのか。


それは、DNAが「同じようなことがあったら注意しなさい」と言っているからに他なりません。

例えば、一度、火傷をした人は、灯を見るだけで敏感になります。

「かわいいな」と思って近づいた犬に手を噛まれる。

もうその人は、犬を見ただけで逃げようとするでしょう。

防衛本能ですね。


肉体的なことだけでなく、精神的なダメージにおいても、DNAが「忘れないように」とサインを送ってくれているのです。

だから、生きることはつらく苦しいわけです。


でも、大丈夫。

忘れてしまいがちですが、「いいこと」も間違いなく経験しているのです。

そして、「悪いこと」は続かない。

また、一見「悪いこと」と思えることも、後で考えたら、「いいこと」に結びついていたということもあります。


例えば、今の勤め先で働いているのは、別の会社の入社試験で落ちてしまった「おかげ」です。

その「おかげ」で、今の職場で恋愛して結婚できた。

つまり、「過去」の「悪いこと」は、「現在」の「いいこと」と連なっていて、結びついているのです。


もし、「悪いこと」が起きたら、すぐさま「いいこと」を思い浮かべて打ち消してください。

「悪いこと」が起きたら、「これはいいことが起きる前兆だ」と思い込むのです。


『ポジティブ練習帳』同文館出版





イギリスの名宰相チャーチルは「 悲観論者はチャンスの中に困難を見るが、 楽観論者は困難の中にチャンスを見る」と言った。

そして、「 困難の中にはチャンスが隠されている」と言ったのはアインシュタインだ。


我々は、困難のさなかにいるときは、その困難なことへの対処で手いっぱいになる。

しかし本当は、その困難が始まったときは、すでにその中にチャンスが埋め込まれている。

それは、「幸運は不運の顔してあらわれる」ということ。


その困難や不運を乗り越えれば、次には必ず幸運やチャンスがやってくる。

テレビや映画のドラマでは、ラストのハッピーエンドの直前は、大ピンチになると決まっている。

そして、そのピンチが大きければ大きいほど、ハラハラドキドキすればするほど、そのドラマは盛り上がる。


嫌なことがあったら、「これはいいことが起きる前兆だ」と思える人でありたい。





■メルマガの登録と解除はこちらからhttp://hitonokokoro.com/

■「人の心に灯をともす」のfacebookページです♪http://www.facebook.com/hitonokokoro

■【人の心に灯をともす】のブログはこちらhttp://ameblo.jp/hiroo117/

■Twitterはこちらからhttps://twitter.com/hiroo117