人の心に灯をともす 4640 エッセンシャルアウトプット

【エッセンシャルアウトプット】4640



樺沢紫苑(かばざわしおん)氏の心に響く言葉より…


アウトプットとは、「話す」「書く」「行動する」こと。

脳にある情報を外に出し、人に伝えることです。

本を読むなどのインプット(情報を頭の中に入れる)をすれば、いったんは知識や情報が豊かになりますが、たとえいい本を100冊読んでも、その内容を誰にも話さず、感想も書かず、あるいは内容から学んだことを実践しなければ、現実は何も変わりません。

また、あなたがどんなに素晴らしいアイデアを持っていても、心の中だけにとどめている限り、誰もそれを理解できないし、評価されることもありません。

どんなにインプットをがんばってもアウトプットをしなければ、あなたを取り巻く現実世界は何一つ変わらず、自己成長もできないのです。


しかしながら、世の中にはインプット中心の学びをしている人がほとんどです。

私が調べた限り、約9割のビジネスパーソンがインプット中心の学びや働き方をしています。

つまり、ほとんどの人が効率の悪い学びや仕事をしている、ということ。


最近では、学校教育の場でアクティブ・ラーニング(能動的学習)というアウトプット型の学びも一部取り入れられるようになりましたが、多くの学校ではいまだにインプット中心の授業が行われています。

記憶力は入力と出力のサイクルを回すことによって強化されるため、インプット型の学びだけをしていたら、インプットが記憶として定着しない。

「一生勉強しても成績が上がらない」のは当然です。

あなたもがんばっているのに成長できない原因は、インプット中心の勉強法やインプット中心の生活にあるのです。


大人でも「インプット中心の学習」をしている人がほとんどですが、もし仮に10代から「アウトプット中心の学習」ができていたらどうでしょう?

社会人になったときに、計り知れないほど大きな差がつくことは間違いないでしょう。

これは、圧倒的なチャンスです。


『極(エッセンシャル)アウトプット』小学館
Youth Bookshttps://amzn.to/3w8t0JC






本書の中に「インプットとアウトプット」の“違い”と“比率”についてこう述べている。


『●インプット☞受動型(人に言われた通りやる)

●アウトプット☞能動型(自分で考え、自分から動く)

つまり、「その人の生き方」そのものを指すということです。

今までの日本社会では、「受動型の生き方」の人が、うまくいっていました。

親の言う通りに行動し、先生の教える通りに勉強し、会社に入ってからも、上司からの命令通りに仕事をする。

教科書に書いてあることをそのまま暗記すれば高得点をとれる。

そういう人が優秀だといわれていました。

でも、これからはまったく違います。

2020年代のこれから、AI(人工知能)はさらに急激に進化していくといわれています。

今の中学生が就職する頃には、あらゆるものに組み込まれたAIが、人間と同等かそれ以上の知識を獲得し、人間の代わりに仕事をするようになります。

どの業界でもデジタル化、オンライン化、AI化、ロボット化による大再編が起こり、誰もが環境の変化に巻き込まれるのです。

AIの大きな特徴は、膨大なデータ(ビッグデータ)を短時間で分析し、関連性を見いだし、結果を予測できることです。

しかし逆をいえば、AIは今まで一度も起きていない出来事に対しては対処できないということです。

何もないところから新しいものを作り出すこともできません。

それをできるのが、人間です。

誰も持っていない便利な道具を考えるとか、新しい商品を開発する、世の中にないサービスを生み出すなどの仕事は、今のところ「人間」にしかできません。

つまり創造力や発想力、論理的思考力、判断力、実行力、人を説得する力といった、いわば「0を1にする力」が、これからの人間に求められるのです。

こうした力こそ、まさにアウトプットの神髄といえます。』



『コロンビア大学の心理学者アーサー・ゲイツ博士が行った実験によれば、もっとも記憶に効果の出るインプットとアウトプットの比率は「3対7」だというのです。


たとえば、教科書を20分読んだら、40分は問題集を解くとか、ノートをまとめる、手を動かして書くための時間に使うということです。

とにかく「情報を使う(外に出す)時間」を増やすということです。

たとえば、学んだ内容を誰かに話す、ノートに書き出す、問題を解く。

記憶力を強化する、覚えるためには、とにかく「書くこと」が大切です。

「声に出す」「音読する」「発音」する、つまり「話す」のもアウトプットですが、指を器用に動かす「書く」作業の方が、脳に複雑な作業を要求します。

つまり、「話す」よりも「書く」ほうが、圧倒的に脳を活性化する。

つまり、記憶に残りやすいのです。』



エッセンシャルとは、必須のとか、絶対に必要なとか、最重要なという意味だ。

昨今は「エッセンシャルワーカー」とよく言われるが、日常生活をおくるために欠かせない仕事を担っている人たちのこと。


SNSという発信できる武器が個人で手に入る今、『「伝える力」で人生が決まる』と言っても過言ではない。

様々なSNSのツールを使って発信する。

そして、それを毎日コツコツ続けること。


エッセンシャルアウトプットの力を身につけたい。






■メルマガの登録と解除はこちらから http://hitonokokoro.com/

■「人の心に灯をともす」のfacebookページです♪http://www.facebook.com/hitonokokoro

■【人の心に灯をともす】のブログはこちらhttp://ameblo.jp/hiroo117/

■Twitterはこちらからhttps://twitter.com/hiroo117